SFドラマ『三体』予告映像とポスター公開 中国テンセント制作版

SFドラマ『三体』予告映像とポスター公開 中国テンセント制作版

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2022/06/26
No image

テンセント社による実写SFドラマ『三体』のポスターが公開された。

【画像をもっと見る】

本作は、2015年にSF界の最も栄誉あるヒューゴー賞の長編小説部門を受賞し、日本でもベストセラーとなった話題作が原作となっている。

SFの最高峰 ヒューゴー賞を受賞した大作『三体』

『三体』は中国人作家の劉慈欣(リュウ・ジキン)さんによる長編SF小説。

日本では早川書房から日本語版が2019年7月から発売され、同年10月中には電子版も含めた発行部数が13万部を突破。2020年の第51回星雲賞の海外長編部門を受賞するなど大いに評価された。

続く『三体Ⅱ 黒暗森林』は2020年6月に、『三体Ⅲ 死神永生』は2021年5月に刊行されてどちらも大ヒットを記録。なお、現在早川書房が夏の大セールを開催中で、『三体』も全巻半額となっている。

2021年4月までに全世界でシリーズ累計2900万部、日本ではシリーズ累計47万部突破している。

複数のメディアミックスが並行して進行中

ベストセラーということもあり、『三体』はメディアミックスプロジェクトがいくつか並行して進行。

2019年にはアニメ版の計画が中国の動画配信サービス・bilibiliプロデュースで発表。翌2020年には、Netflixがファンタジー巨編『ゲーム・オブ・スローンズ』を担当した制作陣(製作総指揮・脚本をデヴィッド・ベニオフさんとD・B・ワイスさん)で実写ドラマ化を発表し、注目を集めた。

今回公開されたポスターは、中国の動画プラットフォーム・Tencent Videoで進行中のドラマ版。公式サイトでは予告編映像も公開されている(外部リンク)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加