「国葬」遺骨は防衛省経由で 「止めなきゃ...」反対デモも

「国葬」遺骨は防衛省経由で 「止めなきゃ...」反対デモも

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/09/23
No image

秋分の日の23日、東京タワーのすぐ下で、デモが行われていた。

安倍元首相の国葬に反対する人たちの列。
デモ隊の横には警察官が1列に並んでいる。

「安倍の国葬反対」と書かれたのぼりを掲げて行進する参加者に、話を聞いてみた。

デモの参加者「やっぱり国葬って、弔意の強制じゃないですか。もう絶対に止めなきゃいけないと思って」

反対の声が強まる中で、4日後に行われる国葬。
少しずつ、その中身が見えてきた。

複数の関係者によると、当日、安倍氏の遺骨を乗せた車は、まず自宅を出発。
その後、国葬会場の日本武道館に向かう途中、防衛省を経由する予定だという。

これは安倍氏が生前、安全保障分野に力を注いだことが理由とみられる。

また、海外からの首脳級の要人は、アメリカのハリス副大統領、カナダのトルドー首相など、49人が参列予定。

迎賓館では、国葬の前日から弔問外交が始まる見込み。

一方で、国葬の所要時間については、当初の想定よりも長くなる見通し。

遺骨が会場をあとにするまで、当初は1時間半程度が想定されていたが、倍の3時間程度を見込んでいるという。

国葬を目前に控えながらも、まだ説明不足の声が上がる岸田首相。
訪問先のニューヨークで、「引き続き説明に努める」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加