ロハス準備100% 阪神入団会見「サトー、オーヤマ、マルテ、サンズ」と共闘だ

ロハス準備100% 阪神入団会見「サトー、オーヤマ、マルテ、サンズ」と共闘だ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/20
No image

バットを掲げ気合を入れるロハス(代表撮影)

待ちに待ったVの使者がついに降臨や!阪神の新外国人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)=前韓国・KT=とラウル・アルカンタラ投手(28)=前韓国・斗山=が19日、西宮市内の球団事務所で入団会見に臨んだ。ロハスはドラフト1位・佐藤輝らとの共闘を宣言。強力打線の一角として、優勝に導くことを誓った。両選手は20日の2軍練習(鳴尾浜)から合流予定。

紺色のスーツに身を包んだロハスが両目を見開き、視線を前に移した。「まず自分の目標としてはチームを優勝に導くこと」。興奮が抑えられない。丸太のような太い腕にグッと力を入れながら、30分間の決意表明で頂点への思いを明かした。

現在、チームは怒濤(どとう)の7連勝で首位。隔離期間中は「見ていてすごいなと思いました」とテレビにくぎ付けになった。「佐藤(輝)、大山、マルテ、サンズ。この中に加わって、なんとかチームの勝利に貢献できるようにやっていきたいと思います」。共闘の思いを胸にトレーニングを続けてきた。

昨年は韓国リーグで47本塁打、135打点を記録して2冠に輝き、MVPを獲得。オフに日米複数球団からオファーを受け、熟考の末に虎入りを決めた。伝統球団であること、矢野監督から強く必要とされたこと、甲子園球場で野球ができること…。いくつか理由がある中で、親交のあるサンズから大阪の良さを教えられたことも決め手の一つになった。

「大阪という街が家族たちになじみがあったり、人が温かい。すごく家族が住みやすい街だと感じたので、それも大きな理由です。グーグルとかでも調べて。すごくおいしい食べ物もあると聞いたので、いろんなことに挑戦したり、食べたりしたいと思っています」

来日する前には米大リーグで本塁打王2度のヤンキース・スタントンなど、超一流のメジャーリーガーたちと米国で自主トレ。「刺激を受けています」と多くの技術を吸収し、パワーを生かした打撃を磨いてきた。この日の会見前には矢野監督と対面。「100パーセント準備してきたので、いつでもいける」と既に臨戦態勢が整っていることを伝えた。

20日の2軍練習からチームに合流し、早ければ週末の練習試合で実戦デビューする可能性もある。「少し遅れてしまいましたけど、ここに来ることができて本当にうれしいです」。Vの使者がついに縦じまのユニホームに袖を通し、出陣する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加