2022年版WWEは無料で視聴可能、チェックしやすい環境に

2022年版WWEは無料で視聴可能、チェックしやすい環境に

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/15
No image

WWE公式ユーチューブチャンネルにて毎週日曜日予定で視聴できるスマックダウン大会(C)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

22年も正月のビッグイベントでプロレス界は幕を開けた。WWEは1月1日(日本時間2日)にPPV「DAY1」大会(米アトランタ)でスタートを切った。第21回「WWEの世界」は今年から変更されたWWE各大会の視聴方法をまとめた。昨年まで有料が多かったが、2大ブランドのロウ大会、スマックダウン大会は無料で視聴可能に。これからWWEを見ようという初心者にはチェックしやすい環境となった。

◇ ◇ ◇ ◇

長らくWWEを放送してきた有料スポーツ専門チャンネルのJスポーツによるロウ大会、スマックダウン大会の中継は21年限りで終了した。基本的に生中継だった英語版をはじめ、日本語字幕版やハイライト版が放送が消滅し、WWEを愛するファンには衝撃が走った。しかし22年に入り、両大会の視聴方法がアナウンス。WWE公式ユーチューブチャンネルで配信されることが発表された。

WWEインターコンチネンタル王者中邑真輔が在籍するスマックダウン大会は毎週日曜日、そして元24/7王者戸沢陽、元ロウ女子王者アスカらが在籍するロウは毎週水曜日にそれぞれ短縮英語版で配信される。諸事情による配信日変更もあるというが、いずれも無料で2大会をチェック可能となった。生中継ではなく、1日遅れとなる。日本語字幕の放送もなくなったのは少し寂しいが、詳細はWWEの1週間を凝縮した地上波放送「This Week in WWE」で確認すれば十分にフォローできそうだ。

他日本勢の試合チェックはこれまで通りとなる。紫雷イオ、KUSHIDA、サレイ、イケメン二郎が在籍するNXT大会は毎週木曜日、里村明衣子が所属するNXT・UK大会は毎週金曜日、またクルーザー級中心のマットとなる205Live大会は毎週土曜日に、いずれも有料配信のWWEネットワークに加入すれば視聴できる。205Live大会にも最近、KUSHIDA、イケメン二郎、サレイが参戦している。

WWEネットワークに加入すれば、毎月のように開催されるPPV大会も視聴可能となる。毎年4月に開催される最大の祭典レッスルマニア大会を中心に世界中に注目するビッグマッチを楽しめる。

これからWWEを知ろう-という視聴者にとってもロウ大会、スマックダウン大会の2大ブランドがユーチューブで気軽に視聴できることは朗報だろう。22年も「WWEの世界」を楽しめる環境は十分、整っている。【藤中栄二】(ニッカンスポーツ・コム/連載「WWEの世界」)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加