暢子が新たな気持ちでシェフ代行の仕事に挑む/ちむどんどん24日あらすじ

暢子が新たな気持ちでシェフ代行の仕事に挑む/ちむどんどん24日あらすじ

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2022/06/25
No image

連続テレビ小説「ちむどんどん」ロゴ

黒島結菜(25)がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜午前8時)。沖縄本土復帰50年の節目に、沖縄から東京へと料理人の夢を追う比嘉暢子と、その家族の絆を描きます。

第10週「ポークと卵と男と女」

暢子(黒島結菜)は房子(原田美枝子)のレストラン、「アッラ・フォンターナ」でシェフの二ツ橋(高嶋政伸)に見守られながら修業を続け、調理場の花形「ストーブ前」をこなせるまでに成長していた。そんなある日、二ツ橋が大けがをして入院するという大事件が起こる。二ツ橋を失った調理場は大混乱。退院までの1カ月、司令塔・シェフの役割を誰が代わりに担うのか。房子が二ツ橋と相談して選んだ「シェフ代行」は…。

◆第55回のあらすじ◆

暢子は家族からのアドバイスを受けて、新たな気持ちでシェフ代行の仕事に挑む。房子の見守る中、態度を改めた暢子への、矢作(井之脇海)たち男性スタッフの反応は…。沖縄やんばるでは、優子(仲間由紀恵)の支えを得て、良子(川口春奈)が再び学校の先生として働きはじめる。和彦(宮沢氷魚)が新聞社でまきこまれていたトラブルは、房子のアイデアのおかげで急展開する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加