【菊花賞1週前追い】ヴァイスメテオール 3馬身追走から1馬身差まで迫る、距離対策も入念

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/10/14

ラジオNIKKEI賞を快勝したヴァイスメテオール(牡=岩戸)はWコースで7F98秒3~1F11秒7(強め)。G1馬ステルヴィオ(6歳オープン)に胸を借り3馬身追走から1馬身差まで迫った。楠助手は「長い距離での併せ馬。騎乗した丸山ジョッキーの印象も良かったです。気持ちが一気に入る面もある馬なので、その辺りがうまくいけば」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加