カーリング女子世界選手権の日本戦が延期、中継スタッフに陽性反応者多数

カーリング女子世界選手権の日本戦が延期、中継スタッフに陽性反応者多数

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

世界選手権に出場するカーリング女子の北海道銀行のメンバー(21年4月17日撮影)

世界カーリング連盟は2日、カナダ・カルガリーで開催している女子の世界選手権で、テレビ中継スタッフに新型コロナウイルスの陽性反応者が多数確認されたため、同日午前の試合を延期すると発表した。日本は優勝候補のスウェーデンと対戦する予定だった。

世界連盟は、出場中の選手や競技役員に現時点で感染リスクはないとしている。選手らは現在、1日に受検したPCR検査の結果判明を待っている状態で、全選手の陰性が確認された後、午後から競技を再開予定。延期された試合の開催日程は後日発表される。

現地保健当局が中継スタッフに会場入りの許可を与えるまで、テレビ放送は中断される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加