犬から『必ず嫌われる人』の共通点4選

犬から『必ず嫌われる人』の共通点4選

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2020/11/24
No image

1.乱暴に触る

No image

犬は感情がとても豊かで好き嫌いがハッキリしているので人と触れ合ったときに「こ、この人苦手だぁ~…」と思うことが珍しくありません。

犬がフレンドリーな性格をしている場合は苦手に感じることをしても大丈夫なことがあるのですが、人見知りをする犬だとすぐ嫌われてしまう可能性が高いので触れ合うときは犬が嫌がらないことをしないように気をつけることが大切となります。

例えば『乱暴に触る』という行為は多くの犬に嫌われる行為の1つといえるでしょう。犬…特に小型犬は人間と体の大きさや力の差がとてもありますよね。

もし力を加減せずにガシガシ触ってしまうと犬の頭や体が大きく揺さぶられ、犬がもみくちゃにされている様に感じてしまいやすいといえます。なかには加減せず手荒に触ることで犬が関節などを痛めてしまうケースも少なからずあるといえるでしょう。

犬との触れ合いに慣れていない人や力加減をコントロールしにくいパワフルな子供は力を加減せずに犬を触る傾向にありますので、心あたりがある場合は、犬と触れ合うときに『力を加減して触れ合う』ことを意識する、お子様に犬と触れ合わせるときは優しく触るように伝える、といったことを心がけることが大切といえるでしょう。

2.無理やり触る・いきなり触る

No image

『無理やり触る』という行為も犬に嫌われる行為となり、必ず嫌われる人の共通点の1つとなります。

例えば…

寝ている犬をいきなり触ってビックリさせることがある

犬の鼻を触りたくなって無理やり触ったことがある

嫌がる犬を我慢させながら肉球をぷにぷにしたことがある

といった具合に犬が嫌がる素振りを見せても自分の欲望のために無理やり触ってしまう人は、犬に嫌われてしまう可能性が大!といえるでしょう。

また、町で初対面の犬と出会ったときにいきなり触ってしまうと不安な気持ちや警戒心を抱かせてしまうことが多いので要注意。

特に犬が飼い主の側にピッタリくっつきながらあなたの様子を見ている場合は、あなたが危険人物ではないかどうか観察しているといえますので、触れ合うときは嫌われないよう距離を置きながら少しずつ警戒心を解いてあげる必要があるといえるでしょう。

ちなみに犬と触れ合うときはまず飼い主に挨拶をして犬と触れ合っても良いか聞いてから触れ合うのがマナーとなりますので、そういった意味でも道端で出会った犬をいきなり触るのをやめるようにしてくださいね。

3.怒鳴る

No image

犬は『大声を出す人』や『怒鳴る人』が苦手となり、実際に犬に嫌われる人のなかには大きな声で話したり怒鳴ったりする人が多い傾向にあります。これは犬に限らず私たち人間にも当てはまりますよね?怒鳴ってばかりいる人の近くに居たいと思う人はほとんどいないと思います。

犬は人間の言葉を完全に理解することはできませんが「怒られている…」と感じることはできますので、私たち人間と同じようにいつも怒鳴っている人に対して苦手意識を持ちやすいそうですよ。

また、犬に話しかけているときに声が大きいと知らず知らずのうちに「怒鳴られている…」と犬に恐怖心を植え付けてしまう場合が多いので、もともと声が大きい人は犬と触れ合うときに少しボリュームを下げながら犬に話しかけてあげると良いと思いますよ。

ちなみに愛犬に対して怒鳴りながらしつけをしている人は少なからずいることと思いますが、このような行為は愛犬に恐怖心やストレスを与えやすく信頼関係も崩れてしまう可能性があります。もちろん愛犬に嫌われてしまう可能性もありますので叱るときは怒鳴らないようにすることを強くお勧めします。

4.叩く

No image

犬に1番嫌われてしまう行為それは『叩く』です。必ず嫌われてしまう人(飼い主)に共通する行為の1つともいえますね。おそらく犬を叩く人は『しつけのために叩く』『愛犬のイタズラにイラっとして叩いてしまう』『愛犬がずっと吠えるので止めさせるために叩く』といった理由で叩くことが多いと思います。

たしかに叩くとその時はいうことを聞くかもしれませんが、それは暴力によって無理やりいうことを聞かせているだけとなります。

私たち人間も叩く人に対して好意をもつことはありませんよね?むしろ「この人はすぐ叩くから近づきたくない」「この人は怖い…」そう感じることがほとんどでしょう。犬も同様に叩く人に対して決して好意を抱くことはないといえます。

また、ずっと叩いていると犬に嫌われてしまうだけでなく、信頼関係が崩れてしまったり余計に問題を起こすようになったりする可能性が高いといえます。ストレスを溜め込んで病気になったり暴力をふるう飼い主から自分を守るために攻撃的な性格になったりしやすいともいえるでしょう。

ですのでもしあなたが犬を叩くことがあるのでしたら犬に嫌われないようにするためだけなく、犬が幸せを感じながら生きられるように『叩く』という行為を今すぐ止めてあげてくださいね。

まとめ

No image

今回は犬から必ず嫌われる人の共通点を4つご紹介しました。

乱暴に触る

無理やり触るいきなり触る

怒鳴る

叩く

といった行為は犬が嫌がる、もしくは苦痛に感じる行為となりますのでこのような接し方をしている人は犬に嫌われる可能性が非常に高いといえるでしょう。

基本的に私たち人間がされると嫌なことは犬も嫌だと感じやすいといえますので、今回ご紹介した4つの行為以外にも自分がされて嫌なことは犬にしないようにしましょう。そうすることで結果的に犬に好かれやすくなると思いますよ。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

犬の寿命について 大切な家族の一生

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
ウルフ・バロン

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加