「不審なバッグが」通報を受けた爆弾処理班、中にあった“可愛い爆弾”を確保する(米)

「不審なバッグが」通報を受けた爆弾処理班、中にあった“可愛い爆弾”を確保する(米)

  • Techinsight
  • 更新日:2021/02/23
No image

このほどアメリカの教会で不審なバッグが見つかり、爆弾処理班が出動する事態が起きた。ところがバッグの中を確認した爆弾処理班は、“可愛らしい鳴き声をあげる爆弾”を確保することとなった。『Daily Star』『New York Post』などが伝えている。

No image

バッグの中から子猫が…(画像は『Butler County Sheriff’s Office 2021年2月18日付Facebook「The Butler County Bomb Unit was called to a suspicious package at a Church in New Miami.」』のスクリーンショット)

現地時間の2月18日、米オハイオ州のバトラー郡保安官事務所のFacebookに投稿された、爆弾処理班が出動した際の写真が多くの注目を集めている。

写真には雪が薄く積もった教会の勝手口の前に、黒いダッフルバッグが置かれている様子が捉えられていた。バッグは見るからに不審な物でも入っているような雰囲気で、発見者から「不審なバッグがある」との通報を受け、同保安官事務所の爆弾処理班が現場に向かった。

しかしバッグの中を確認した爆弾処理班は、ほっと胸を撫で下ろしたようだ。中からは爆弾ではなく6匹の子猫とその母猫が出てきた。またメモが添えられており「母猫の名前は“スプリンクル(Sprinkles)”です。17日の水曜日、午後2時に子猫を産みました」と書かれてあった。

バトラー郡保安官事務所のFacebookには、バッグの中からひょっこり顔を見せているスプリンクルや6匹の子猫の写真などがあり、次のように綴られていた。

「バトラー郡爆弾処理班は『不審なバッグがある』との通報で、ニュー・マイアミにある教会へ向かいました。爆弾処理スペシャリストのグライムス氏(Grimes)とデザーエイジ氏(Detherage)が現場に到着した時、バッグからは時限爆弾のカチカチという音の代わりに、猫が喉を鳴らしている音が聞こえてきました。」

同保安官事務所の投稿には、多くの人が胸を撫で下ろしたようで「猫を救ってくれてありがとう」「良い仕事をしてくれて感謝です」といった爆弾処理班に対して感謝の言葉が寄せられた。また中には「子猫の可愛い鳴き声爆弾ですね」という声もあった。

保護された猫の親子はその日の午後に、同州にある動物愛護協会 「アニマル・フレンズ」へと運ばれた。後日、同協会のFacebookではスプリンクルと子猫について次のように報告している。

「教会のドアの前でダッフルバッグが発見され、バトラー郡爆弾処理班が呼ばれました。中には生まれたばかりの6匹の子猫を暖かく保とうとしながらミルクを与えようと頑張っている、母猫の姿がありました。」

「スプリンクルはゴロゴロと喉を鳴らし、ワクチンと血液検査を受けましたが健康に問題はないようです。子猫をいつも気にかけて、授乳もきちんとこなしています。そして今日の午後には彼らを世話する里親のもとへ預けられる予定です。」

同協会では子猫が生後2か月を迎えた頃にSNSで情報を共有し、新しい家族を探す予定とのことだ。

画像は『Butler County Sheriff’s Office 2021年2月18日付Facebook「The Butler County Bomb Unit was called to a suspicious package at a Church in New Miami.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加