「2020年ティーンが選ぶトレンドランキング」コトバ部門1位は「きゅんです」 ! 今年流行ったコトバ、あなたはいくつ知ってる?

「2020年ティーンが選ぶトレンドランキング」コトバ部門1位は「きゅんです」 ! 今年流行ったコトバ、あなたはいくつ知ってる?

  • Pouch
  • 更新日:2020/11/24
No image

マイナビティーンズラボが「2020年ティーンが選ぶトレンドランキング」を発表。

13~19歳の女性503名を対象に、2020年に流行した「ヒト・コト・モノ・コトバ」の4ジャンルについて調査。

注目したいのは「コトバ」のランキング。はてさて今年は、10代女子のあいだでどんな「コトバ」が流行っていたのでしょうか!?

【1位は「きゅんです」】

「ティーンが選ぶ流行ったコトバ」ランキングで栄えある1位を勝ち取ったのは……「きゅんです」!

なんと全体の72.8%もの支持を集めてぶっちぎりの首位を獲得しています。

「きゅんです」は「胸がキュンとときめく」ときに使うコトバ。TikTokでのブームをきっかけに、日常にまで浸透したようなんです。

使用例としては「推しが尊すぎて、きゅんです(推しが尊すぎて、胸がときめきます)」といった感じ。

さらに親指と人差し指をつかった“指ハート”を添えてキャッチーに使うとより一層かわいい♡

「胸キュン」は幅広い世代におなじみの表現なので、わかりやすいのではないでしょうか。

【2位は「~してもろて」】

2位は、人気ユーチューバー「パパラピーズ」がきっかけで流行したという、「~してもろて」(28.8%)。

「~してね」という意味で、「いいねしてもろて(いいねしてね)」というふうに使われるそうなのですが……私が認識していた「~してもろて」とちょっぴり違うような気がするゾ!?

そもそも「~してもろて」は、関西弁で「~してもらって」だったと記憶。

ティーンのあいだでは「省略語」が流行しやすいので、ひょっとすると、グン!と縮めて「~してね」という意味に落ち着いたのかも!?

【3位は「あざとかわいい」】

3位は「あざとかわいい」(14.1%)。

「あざとい」と「かわいい」を組み合わせた造語で、「あざとく計算しているのはわかっているけどかわいい」と思うときに使用します(例:田中みな実さんや千葉雄大さんなど)。

ここ最近よく耳にしますし、普段の生活に馴染んできたコトバでもあるような。

なお最近ティーンのあいだでは「あざとかわいい男子」が大人気だそうですよ~!

【「アセアセ」「#淡色女子」とは!?】

そのほか「コトバ」ランキングの中で気になったのは、4位の「アセアセ」。

SNSなどでの使用例を見るかぎり、「汗をかいて焦っている」絵文字のような使われ方で、なんだか顔文字の「(^_^;)アセアセ」を思い出しますね。

もうひとつ「?」となったのは、9位の「#淡色女子」です。

調べてみたところ、読んでそのまま「淡い色の洋服を着た女子」、「淡い色合いのモノが好きな女子」のこと。

そして、その淡色のものを撮ったおしゃれ写真に「#淡色女子」というハッシュタグをつけるんですって。

いつの時代もティーンは新しい文化を生み出すものですが、「淡色女子」は初めて知ったわ~!

【他ランキングの1位も気になる】

ちなみに……「ヒト」の1位はNiziU、「コト」の1位はNizi Project、「モノ」の1位はTikTokでした。

No image

異例のスピードで紅白出場を果たしたNiziUと、彼女たちを世に送り出したNizi Projectは納得のランクイン。

またこうしてみると、NiziUは同世代の女性たちに支持されていることがわかります。

TikTokは、昨今の「おうち時間」で、より一層トレンドの中心となったのかも⁉︎ やはり流行というものは「時代を映す鏡」、なんですね!

参照元:プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

クリックしてスライドショーを表示

動画・画像が表示されていないときはこちらから

田端あんじ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加