松本人志が『ガキ使』特番復帰報道に「ルール違反」渡部の問題は“どさ回り”の覚悟

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/11/22

お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部健が年末放送予定の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系列)の特番で無期限活動自粛から復帰することが先日、一部報道で明らかになった。その後、今月22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系列)で松本人志はこうした報道に対し「ルール違反」と断罪した。

ただ、渡部からしてみれば、これまでも不倫騒動に見舞われた原田龍二、袴田吉彦、元衆議院議員の宮崎謙介らが同番組に“みそぎ出演”するなど下地はできている。

「一部では妻で女優・佐々木希の事務所サイドが難色を示したといわれていますが、渡部も仕事をしないままずっと、佐々木におんぶに抱っこの状況ではどうしようもありませんからね。最終的には、渡部の事務所がオファーを引き受けたわけです」(在京テレビ局関係者)。

ただ、これでいきなりあちらこちらの番組に復帰できるかといえば「そうとも限らない」(同)というのだ。

「渡部は今、番組出演を完全に凍結させられている。それを年末の大人気特番出演で一旦、解くことはできるのですが、当然以前のような形での露出はできないでしょうね。そうなると、地方テレビ局を中心とした“どさ回り”で食いつなぐしかない。その道を断れば、タレント人生終わってしまいますよ。せっかく事務所の尽力もあり年末特番から復帰できるチャンスをつかんだわけですから、そこへの覚悟が決められるか。これに尽きると思います」(同)

前途多難な復帰ロードを、渡部はどう歩むのか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加