本屋が届けるベターライフブックス。『迷子の魂』オルガ・トカルチュク 文 ヨアンナ・コンセホ 絵 小椋彩 訳(岩波書店)

本屋が届けるベターライフブックス。『迷子の魂』オルガ・トカルチュク 文 ヨアンナ・コンセホ 絵 小椋彩 訳(岩波書店)

  • &Premium
  • 更新日:2021/10/14

選・文 / スロウな本屋

This Month Theme暮らしの中でずっと大切にしている本。

No image

あるところに働き者の男がいた。忙しすぎて自分の名すら思い出せなくなった男に、医師は言った。「わたしたちを上から見たら、忙しく走り回る人で世界はあふれかえっているでしょう。みな汗をかき、疲れきっている。そしてかれらの魂は、いつも背後に置き去りにされて、迷子になっています。魂がじぶんの主に追いつけないのです」助言に従い、男は迷子になった魂をじっと待つことにした。何日も、何年も、ただただ待ち続けた。ある日、ドアをノックする音がして……!? 私たちの暮らしは、どうしてこんなに慌ただしくなってしまったのか。自分の魂は、今どこにいるだろうか。ノーベル文学賞作家トカルチュクの美しい絵本が問いかけてくる。

BOOKSHOP スロウな本屋

No image

「ゆっくりを愉しむ」をコンセプトに、店主が選んだ絵本と暮らしの本が揃う新刊書店。岡山駅からほど近い静かな住宅街に戦前から残る木造長屋を店主自ら改装。畳敷きの店内でゆったりと好きな本を選ぶことができる。ワークショップを開催し、本を通じて、ひと、モノ、コトを繋げていくことを大切にしている。住所:岡山県岡山市北区南方2-9-7営業時間:11:00 - 19:00定休日:火、水、木曜

andpremium.jp

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加