楽天・滝中は粘りきれず2敗目「一番やってはいけない結果になった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/13

「西武4-2楽天」(13日、ベルーナドーム)

楽天・滝中瞭太投手は粘りきれず、六回途中3失点(自責2)で2敗目を喫した。

大事なイニングを乗り越えることができなかった。島内宏明外野手に逆転弾が飛び出し、1点リードで迎えた直後の六回。無死二塁から外崎に適時打を許し、同点とされた。その後、盗塁死で2死走者なしとなったが、中村に痛恨のソロを浴びた。滝中は「一番やってはいけない結果になってしまった」と悔しさをにじませた。

試合後、石井一久監督は「逆転した後ですね。何とか滝中にしのいでほしかった」と六回を悔やんだ。また「先発で勝つというところでは、味方が点を取った後は何とかしのいで、帰ってこれれば勝ちを狙える投手になる」と右腕の今後にも期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加