黒船来航の“開国の街” 観光都市が市制50周年で式典 静岡・下田市

黒船来航の“開国の街” 観光都市が市制50周年で式典 静岡・下田市

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/01/14
No image

テレビ静岡

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

静岡県下田市の市制50周年を記念する式典が開かれました。

下田市は1971年に下田町から下田市となり、黒船がやって来た開国の街をアピールして観光都市として成長してきました。

式典は新型コロナの感染拡大を防ぐため規模を縮小して開かれ、松木市長は「立ちはだかる壁に挑戦する勇気をもって未来を切り開いていかなければならない」と、決意を新たにしていました。

また式典では御用邸がある自治体との友好都市協定の締結も行われました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加