“ドイツの皇帝”40歳・ボルは衰え知らず 中国選手下し3回戦へ<世界卓球2021>

“ドイツの皇帝”40歳・ボルは衰え知らず 中国選手下し3回戦へ<世界卓球2021>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2021/11/25
No image

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間24日、世界卓球は大会2日目を迎え、男子シングルス2回戦でティモ・ボル(ドイツ)が周启豪(ジョウチーホウ・中国)を下し、中国選手の一角を崩した。

“ドイツの皇帝”いまだ健在

40歳ながらいまだにドイツ代表として世界の最前線で戦う“ドイツの皇帝”ボル。過去には世界ランキング1位に君臨したこともある実力者だ。対するは24歳の周启豪(ジョウチーホウ・中国)だ。中国国内予選である直通WTT大満貫・世界選手権では、決勝で樊振東(ファンジェンドン・中国)を下し、代表権を掴み取った。

試合は、ボルが巧みなラリー力で3ゲームを連取。5ゲーム目もゲームポイントを先に握られるもしっかりと逆転し、ゲームカウント4-1で勝利した。

中国からは他にも樊振東(ファンジェンドン)、王楚欽(ワンチューキン)、梁靖崑(リャンジンクン)、林高遠(リンガオユエン)が参戦しているが、ボル側の山にはおらず、ボルが周启豪(ジョウチーホウ)を下したことで、決勝には中国選手以外が進出することが確定した。

男子シングルス2回戦

〇ティモ・ボル(ドイツ) 4-1 周启豪(ジョウチーホウ・中国)
11-8/11-6/11-8/5-11/12-10

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加