京口紘人が吉成名高と“異種格闘技戦” 強烈ボディーぶち当てるも...「早い!」と絶賛

京口紘人が吉成名高と“異種格闘技戦” 強烈ボディーぶち当てるも...「早い!」と絶賛

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/08/06
No image

京口紘人【写真:Getty Images】

京口のプレッシャーにもひるまぬ2人

ボクシングのWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人がムエタイ王者とのスパーを行った。

自身のYouTubeチャンネルで「ムエタイ王者とガチスパー【吉成名高&石井一成/なりなりチャンネルコラボ】と題した動画を公開。

京口は、日本人初のラジャダムナン・ルンピニー統一王者となった吉成名高と、“西の神童”と呼ばれ、今月K-1に初参戦する石井一成の2人とスパーすることに。

まず拳を交えるのは石井だった。パンチだけのスパーだが、緊張感たっぷりだ。2人はハイレベルな攻防を展開。京口がボクサーとしてのさすがの技術を披露し、前に出るが、石井も一歩も引かない。

スパーが終わると、「早い!」と一言。石井も「やっぱ強い」と目を丸くしていた。

そして京口は続いて吉成とスパー。サウスポースタイルの相手に対して、しっかりとガードを固める。そして圧力をかけ、強烈な右ボディーストレートをたたきこむ場面も。吉成も体を左右に振ってパンチをさばく。非常にレベルの高い、テクニックの応酬が見られた。

中盤には吉成がコーナーに追い詰め、ラッシュを仕掛けるシーンもあった。

終えると、京口は「やっぱり左のストレートが早い!」と驚きの声をあげていた。

終了後に改めて京口は「うまいことやられました」と口にすると、吉成は「僕はあんまりボディーブローってめっちゃキレイにもらったことないんですけど、もらった瞬間に試合だったら終わったーって。プレッシャーのかけ方が本当にうまくて」と脱帽だった。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加