うわぁ、やばい...!グループトークでやってしまった誤爆LINE4つ

うわぁ、やばい...!グループトークでやってしまった誤爆LINE4つ

  • 美人百花.com
  • 更新日:2022/01/14

グループトークで誤爆をすると、メンバー全員に内容が知られてしまい、大問題に発展することも。今回はそんな誤爆LINEをリサーチ。場合によっては信用を失ってしまうかも?

グループトークで誤爆してしまったエピソード

(1)「私に投票をお願いします!」

「新商品のアイデアの最終候補に、私と同期の2人が残りました。何としてでも選ばれたくて会社のグループトーク片っ端から『私のアイデアに投票をお願いします!』と媚びを売っていたら、最終候補の同期がいるグループトークにも送ってしまった……」(26歳/メーカー勤務)

結果として、自分のアイデアが選ばれたそうですが、誤爆LINEのことがあり複雑な心境なのだそうです。

(2)「おめでた報告、つらみ」

「後輩が結婚し、披露宴に招待されました。婚活がうまくいっていない私は素直に喜べずモヤモヤ。『おめでた報告、つらみ』と同僚に送ったつもりが、披露宴に招待された人だけが参加しているグループトークに誤爆。送信取り消しをしましたが、25人いるなか、既読12になっていたので12人は読んでしまったと思う……」(31歳/美容関連)

その12人のなかに本人がいたのかは分からず……。読んでいないことを願うばかりです。

(3)「送別品、1人500円で」

「お世話になった部長が異動になるので、私が幹事で送別品を買うことに。モラハラでみんなが嫌っている部長だったので『部長の送別品、1人500円でいいよね。むしろ100円でもいいレベルw』と部長本人もいるグループトークに送ってしまいました」(29歳/保険)

自分が嫌われているということを知ってしまった部長。この誤爆をきっかけに、部長のモラハラが改善しますように。

(4)「×月△日『使えない人』と言われる」

「理不尽に怒ってくる先輩がいて、限界がきたら訴えようと日頃言われたことを時系列でメモしていました。しかしある日、1人グループトークに『×月△日11時 “使えない人は会社やめろよ”と言われる』と送ろうと思ったら、間違えて別のグループトークに送信しちゃって……」(27歳/不動産)

必然的にグループ全員が先輩の発言を知ることとなり、先輩は厳重注意をされ、役職からも外されたよう。誤爆LINEが生んだ正義!

グループトークの扱いは慎重に

グループトークに誤爆=全員に知れ渡ってしまう可能性があるということで内容によっては信用が崩れることも。それを肝に銘じて、グループトークは慎重に扱いましょうね。

書いたのは

No image

出典:美人百花.com

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。国家資格であるキャリアコンサルタントの資格を保持。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加