大谷翔平、技あり左前打 169キロ打球で好機拡大し先制点お膳立て

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/12

「エンゼルス-ロイヤルズ」(9日、アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手(26)が「2番・指名打者」で出場。0-0の三回に左前打を放ち、後続の先制適時打をお膳立てした。

初回の打席で右直に倒れた大谷が魅せた。両軍無得点の三回2死一塁。右腕ケラーの初球、低めスライダーを左前へ運んだ。変化球をぎりぎりまで引きつけて時速の169キロの打球を逆方向へはじき返す技ありの一打。2死一、二塁と好機を拡大すると、3番レンドンの右中間適時二塁打で一塁から楽々と生還した。

大谷は前日まで打者で56試合(代打3試合)に出場し、打率・261、メジャートップに1差でア・リーグ2位の17本塁打、同5位タイの44打点、同4位タイの9盗塁をマーク。前日はメジャー自己最長143メートルの17号2ランで先制点を挙げ、三回の右中間二塁打と合わせてシーズン16度目のマルチ安打を記録した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加