Jリーグ、浦和レッズと大分トリニータに対する懲罰決定。昨季対戦でサポーターがトラブル

Jリーグ、浦和レッズと大分トリニータに対する懲罰決定。昨季対戦でサポーターがトラブル

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/02/22
No image

【写真:Getty Images】

Jリーグは22日、昨年10月31日に開催された明治安田生命J1リーグ第25節の大分トリニータ対浦和レッズ戦において発生したトラブルに関して、両クラブへの懲罰が決定したとして発表を行った。

トラブルは大分のホームである昭和電工ドーム大分で開催された試合において発生。一部の浦和サポーターの行動が発端となり、大分サポーターもそれに対応する形で、新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに違反する行動があったことが確認された。

浦和サポーターの違反行為と認定されたのは、全席指定席であったにもかかわらず40人程度のサポーターがスタジアム上段席に移動して立ち見で応援したこと、禁止されている発声や指笛を使っての応援を行ったこと、サポーター1人がフェンスに上ったこと、1人がスタジアム内からフェンス外にペットボトルのようなものを投げたことの4点。

一方で大分側としては、座席を移動して立ち見で手拍子をしていた浦和サポーターに対して、2人の大分サポーターがスタジアム外に出て浦和サポーターに近づこうとしたこと。その2人を追ってさらに10人程度のサポーターが南ゴール裏の浦和サポーターのもとに突入を試みたことの2点が違反行為とされた。

これらの違反行為に対し、Jリーグは浦和にけん責および罰金300万円の処分を科すことを決定。大分に対してはけん責処分が下される。

浦和は公式ウェブサイトでJリーグからの懲罰決定について報告・謝罪しつつ、社内処分についても発表を行った。立花洋一代表は役員報酬の10%を3ヶ月間自主返納、コンプライアンス担当取締役は役員報酬の5%を3ヶ月間自主返納する。「新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン遵守を徹底できなかったことの責任は重大であり、今後も繰り返された場合にはクラブとして毅然とした対応を行ってまいります」と立花代表はコメントしている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加