「時が止まる」打者腰砕け... 山岡の“不思議なボール”にファン驚愕「これぞ魔球」

「時が止まる」打者腰砕け... 山岡の“不思議なボール”にファン驚愕「これぞ魔球」

  • フルカウント
  • 更新日:2022/09/23
No image

打者も腰砕けの止まる”魔球を投じたオリックス・山岡泰輔【画像:パーソル パ・リーグTV】

直球の後に投じられたチェンジアップに打者もあえなく空振り

■ロッテ 13ー5 オリックス(22日・京セラドーム)

オリックス・山岡泰輔投手が投じた“止まる”魔球に打者も腰砕けとなった。22日に京セラドームで行われたロッテ戦に先発し、4回途中6失点で降板してしまったが、3回1死から安田に投じたチェンジアップが「まじでエグい」「2回振れる」と注目を集めている。

代名詞のスライダーだけでなく、チェンジアップも一級品だ。3回1死で安田を迎えた際には、147キロと148キロの直球を投げ込むと、3球目はど真ん中への113キロのチェンジアップ。速い腕の振りで投じられたボールに安田も手を出すが、ボールが来ず、体勢を崩して空振りを奪った。

「パーソル パ・リーグTV」が公式Youtubeに「【え?】山岡泰輔『47球目のチェンジアップ』」とのタイトルで動画を公開すると、「ほんとに止まって見えそうなくらいえぐい笑」「来ないって言うか止まってるよね」「2回振れる」「ブレーキえぐいw」とコメントが寄せられた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加