2020年国内家庭用ゲーム市場規模は3,673.8億円―ソフトでは『あつ森』が637.8万本を販売し首位に

2020年国内家庭用ゲーム市場規模は3,673.8億円―ソフトでは『あつ森』が637.8万本を販売し首位に

  • Game Spark
  • 更新日:2021/01/12
No image

2020年国内家庭用ゲーム市場規模は3,673.8億円―ソフトでは『あつ森』が637.8万本を販売し首位に

もっと画像を見る

No image

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2020年の国内家庭用ゲームソフト(パッケージ版のみ)とハードの売上速報を発表しました(集計期間は2019年12月30日~2020年12月27日)。

速報によると、2020年の家庭用ゲーム市場規模は、ハードが昨年対比116.4%の1,856.6億円、ソフトが同108.9%の1,817.2億円、合計で同112.5%の3,673.8億円に。ハード・ソフトともに前年比プラスとなるのは、2017年以来3年ぶりとなりました。

年間ソフトランキングは、3月の発売から6ヵ月連続で月間ランキング首位を獲得するなどし、637.8万本を販売した『あつまれ どうぶつの森』(任天堂/2020年3月20日発売/ニンテンドースイッチ)が首位を獲得。2位は159.1万本を売り上げた『リングフィット アドベンチャー』(任天堂/2019年10月18日発売/ニンテンドースイッチ)となりました。3位は4年ぶりのシリーズ最新作である『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』(KONAMI/2020年11月19日発売/ニンテンドースイッチ)。123.3万本を売り上げています。

No image

ハード市場では、ニンテンドースイッチが2機種合計で595.7万台を売り上げ、2017年から4年連続で年間販売台数のトップとなりました。さらに、2020年は発売4年目にして過去最高の年間実績を記録。2019年(449.4万台)の1.3倍となりました。2位のPS4は年間54.3万台、PS5は25.5万台を売り上げました。

2021年は、PS5/XboxSeries X|Sの新世代機の品薄解消時期によりハード市場やソフト市場に変化がありそうです。

※ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象。2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。
※発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています。

H.Laameche

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加