【海外競馬】P.スマレン元騎手が死去、43歳 アイルランドで9度のリーディング獲得

【海外競馬】P.スマレン元騎手が死去、43歳 アイルランドで9度のリーディング獲得

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/09/17
No image

パット・スマレン元騎手(撮影日は2013年12月1日)

アイルランドのパット・スマレン元騎手が、すい臓がんのため亡くなったことがわかった。43歳だった。英競馬メディア『Racing Post』などが現地時間15日夜、報じている。

スマレン元騎手はアイルランド出身。2000年から2016年にかけて9度に渡り、アイルランドリーディングの座を獲得。ヴィニーローとのコンビでの愛セントレジャー4連覇、ハーザンドとのコンビでの英愛ダービー制覇など、多くのクラシックタイトルも制している。

日本ではワールドスーパージョッキーズシリーズに4度出場。2013年ゴールデンホイップTで、オースミナインに騎乗して勝利をあげている。

2018年3月からすい臓がんの治療のため騎手生活を休業。2019年5月には一度治療に成功したものの、現役引退を発表していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加