中2女子生徒の凍死 "いじめ認定"された問題受け...いじめ対策専門部署 2023年4月に設置へ 旭川市

中2女子生徒の凍死 "いじめ認定"された問題受け...いじめ対策専門部署 2023年4月に設置へ 旭川市

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/05/13
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

2021年、北海道旭川市の公園で中学生が凍死し、いじめと認定された問題を受けて、旭川市は5月13日、いじめ対策の専門部署を2023年4月に設置する方針を確認しました。

旭川市で2021年3月、当時中学2年生の広瀬爽彩さん(当時14)が遺体で見つかった問題。調査を進めていた第三者委員会は2022年4月、いじめがあったと認定していました。

この問題を受けて、13日に行われた総合教育会議には旭川市の今津寛介市長らが参加し、2023年4月に、いじめ対策の専門部署の設置と、条例の制定を目指す方針を確認しました。

旭川市 今津 寛介 市長:「再発防止策を具体的に進めていくのは、非常に重要な課題。市民のご意見をしっかり取り入れて、対策や条例を作り上げていく必要がある」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加