『THE MUSIC DAY』“踊らない”ジャニタレ大炎上「ただの仕事放棄」

『THE MUSIC DAY』“踊らない”ジャニタレ大炎上「ただの仕事放棄」

  • まいじつ
  • 更新日:2020/09/15
No image

(C)FGC / Shutterstock

9月12日放送の『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)に、〝ヤンキーキャラ〟として頭角を現している『KAT-TUN』の上田竜也が登場。そんな彼が番組中にも関わらず〝チンピラじみた〟悪態をつき、ネット上で炎上している。

【関連】『嵐』相葉雅紀ファンが怒り!『Perfume』のイジりに「イラっとする」ほか

約8時間にも及んだ今回の放送では、ジャニーズアイドルたちが入れ替わって別グループの楽曲を歌う「ジャニーズシャッフルメドレー」が行われた。そこで上田は『嵐』二宮和也、『Kis-My-Ft2』二階堂高嗣、『ジャニーズWEST』中間淳太らと共に、『NEWS』の大ヒットソング『チャンカパーナ』を熱唱する。

しかし、二宮らが振りを交えて歌う中、上田だけが〝ポケット〟に手を突っ込んだまま一切ダンスせずに歌唱。またカメラに向かって〝メンチ〟を切ったり、曲終わりにマイクスタンドを〝ぶん回して担ぐ〟という悪ぶった態度も取っていた。

「上田の横暴な態度が注目を集めてしまったのか、『チャンカパーナ』の歌唱シーンは同番組の瞬間最高視聴率をマークしたようです」(芸能ライター)

これが上田の『Real Face』

先輩である二宮の横で、ニラミを利かせて踊りもせずに歌い続けた上田。さすがにファンも援護しきれなかったようで、ネット上には、

《踊りたくないから踊らない。それじゃあゆとり世代と同じですよ、上田くん》《踊らない男とか言われてるけどファンには失礼だからね》《二宮がバランスとって踊ったり踊らなかったりしててさすがって思った。先輩に気をつかわせてたんはダメ》《上田踊らないでメンチきるならいなくていい。ただの仕事放棄だろ》《上田の態度も不愉快だし、あれでキャラだからって笑ってるオタクにも反吐が出る》《そういう演出でも嫌な気持ちになる人いるのとわかって欲しいですね》

などと怒りの声が続出している。

「実は上田、2015年の同番組でも『チャンカパーナ』を披露していました。ところがそこで彼は振り付けを間違えてしまい、ネット上で叩かれてしまった経験が。今回踊らなかったのは、ネット上の餌食になるのを恐れた上田なりの反抗だったのかもしれませんね」(同)

過去に『チャンカパーナ』で叩かれていたとしても、本番中に悪態をつくのはプロ失格の行為。ヤンキーキャラだから許されると思っているのなら、それは大きな間違いだといえるだろう。

【画像】

FGC / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加