おじいちゃん起きて...高齢窃盗団の実話描く「キング・オブ・シーヴズ」本編映像

おじいちゃん起きて...高齢窃盗団の実話描く「キング・オブ・シーヴズ」本編映像

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2020/11/20

マイケル・ケイン主演作「キング・オブ・シーヴズ」の公開日が2021年1月15日に決定。本編映像の一部がYouTubeで公開された。

No image

「キング・オブ・シーヴズ」

すべての画像・動画を見る(全4件)

No image

平均年齢60歳以上の窃盗団が、英ロンドンの宝飾店街ハットンガーデンの貸金庫から1400万ポンド(約25億円)相当の宝石や現金を盗んだ事件をもとにしている本作。かつて“泥棒の王(キング・オブ・シーヴズ)”と呼ばれた主人公ブライアンをケインが演じ、ジム・ブロードベントトム・コートネイチャーリー・コックスポール・ホワイトハウスレイ・ウィンストンマイケル・ガンボンもキャストに名を連ねた。

映像は窃盗団がハットンガーデンの金庫に侵入しようとする場面から始まる。メンバーのバジルがセキュリティを解除し、いざお宝を奪おうとした矢先、警報ランプが点滅していることに気付くブライアン。様子を見に行ったバジルは、見張り役のケニーが睡魔に勝てず眠りこけているところを発見する。

「博士と彼女のセオリー」のジェームズ・マーシュが監督を務めた「キング・オブ・シーヴズ」は東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開。

(c)2018 / STUDIOCANAL S.A.S. - All Rights reserved

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加