早大・徳山が迷路抜け出す4安打完封「チームに相当、迷惑を」

早大・徳山が迷路抜け出す4安打完封「チームに相当、迷惑を」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/01
No image

法大対早大 7回表法大2死、中原を空振り三振に仕留め雄たけびを上げる徳山(撮影・足立雅史)

<東京6大学野球:早大2-0法大>◇第4週第1日◇1日◇神宮

早大のエースが復調を示す完封勝利を挙げた。徳山壮磨投手(4年=大阪桐蔭)が法大打線を散発4安打。先週の立大1回戦で3回8安打6失点するなど不振が続いていたが、本来の投球に近づいた。慶大もエース森田晃介投手(4年=慶応)が完封勝利。東大打線を6安打に抑え、試合がなかった立大を抜き、首位に立った。東大は17年秋から引き分けを挟み60連敗。

◇   ◇   ◇

迷路の出口が見えた。最後の打者を打ち取ると、早大・徳山はほえた。「チームに相当、迷惑をかけました。早稲田の11番として、1人1人打ち取ることだけ。積み重ねてゼロで勝てました」と笑顔を見せた。

立大1回戦後、小宮山悟監督(55)に「何をどうしたらいいのか、迷路にはまっている感じ」と心配された。翌日の同2回戦、あえてリリーフで送り出された。「全力で腕を振っていけ」。監督の言葉に応え、1回を3人で抑えた。「今日の投球につながったと思います」。最速151キロ右腕だが、この日も球速は140キロ台前半にとどまった。序盤は制球も不安定。それでも、好守にも支えられ、自身3度目の完封勝利。投球フォームの上下のバランスを修正した成果が出たが、それ以上に「チームメートが自分の姿を見ている。気持ちで抑えた結果」と、必死の思いが実った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加