河井克行被告が弁護人全員解任...裁判できない状態に

河井克行被告が弁護人全員解任...裁判できない状態に

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

河井克行被告(57)が突然、弁護人全員を解任しました。

去年の参議院選挙を巡る買収事件で起訴された前の法務大臣・河井克行被告が6人いた弁護人全員を解任しました。今月15日に開かれた裁判の後、弁護人に申し出があり、解任届が東京地裁に受理されたということです。弁護人が不在となるため、後任が決まるまで克行被告の裁判は開けない状態になります。裁判では16日以降、現金を受け取ったとされる広島の地元議員らが証言する予定でしたが、今後の審理日程は不透明です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加