「PSGより魅力的で値段が安い」! 浦和―フランクフルトのチケット料金発表でサポーターが喜びの声! 同じ席でも「64%安い」可能性も

「PSGより魅力的で値段が安い」! 浦和―フランクフルトのチケット料金発表でサポーターが喜びの声! 同じ席でも「64%安い」可能性も

  • サッカー批評Web
  • 更新日:2022/08/05
No image

7月23日に埼玉スタジアムで行われた浦和レッズーパリ・サンジェルマン戦  撮影:中地拓也

8月4日、浦和レッズは11月16日に行われる「さいたまシティカップ 浦和レッドダイヤモンズ vs アイントラハト・フランクフルト」のチケット販売について発表した。すると、サポーターから意外な声が飛び出した。

関連:フランクフルトのサッカー日本代表・鎌田大地が今季初公式戦で本職ではないボランチ起用も「2ゴール発進」! 「FWより決定力ある」と話題の活躍で、マクデブルク・伊藤達哉との日本人対決でフランクフルトの勝利に貢献!【動画】

長谷部誠の外線試合が、埼玉スタジアムで行われる。長谷部が所属するフランクフルトは、昨季のEL(ヨーロッパリーグ)の王者だけに、浦和サポーターからも、日本のサッカーファンからも、大きな注目を浴びそうだ。

気になる料金設定だが、一番高い「SSメイン指定席」が2万1000円。他は、「S指定席 大人」が1万4500円、「SAメイン北指定席」が1万800円、「ホーム自由席 大人」「ビジター自由席 大人」が5500円などとなっている。(料金は、「さいたま市 ホームタウン(市民)優先販売(抽選)」「REX TICKET販売(先着)」「チケットぴあ先行販売(先着)」のもの)

Jリーグよりも高い値段設定となっているが、これに、以下の反応が見られた。
「某超人チームとの対戦より魅力的で値段が安い…」
「パリより安い さいたま市民で良かった」
「チケット料金がPSGのようなトンデモ価格設定じゃなくて安心したわ」

「パリと比べりゃ普通やんな」
「パリ程ではないがチケット高いね でも行くぞ〜」
「PSGよりは良心価格()()」
「パリとは比べ物にならないくらい安いんで多分行きます」

■PSG戦より64%安い価格設定も!

このような反応が見られたのは、7月23日に行われたパリ・サンジェルマン戦のチケットが高額だったからのようだ。こちらの値段設定は、「VIPルーム」(最大20人)が100万円なのはさておき、一般的な席で最も高い「カテゴリー1」が2万8000円、次に高い「カテゴリー2」が2万3000円で、最も安い席「カテゴリー5」が8000円だった。

たしかに前回よりは安価な設定となっており、熱狂的なサポーターが集まるエリアは3000円安くなっている。さらに、PSG戦で最も高い「カテゴリー1」の席も細分化され、「SSメイン指定席」(2万1000円)、「S指定席 大人」(1万4500円)、「SAメイン北指定席」(1万800円)、「SAメイン南指定席」(1万300円)などの料金で購入可能だ。つまり、同じ席にもかかわらず64%も安い値段という可能性もあるのだ。

パリ・サンジェルマンとの一戦では、6万1175人が応援に駆け付けた。長谷部が凱旋する試合も、同様の盛り上がりとなりそうだ。

いま一番読まれている記事を読む

サッカー批評編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加