長谷川祥平がトップ合格 清水大成、桂川有人も通過【PGA最終プロテスト】

長谷川祥平がトップ合格 清水大成、桂川有人も通過【PGA最終プロテスト】

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2020/11/20
No image

27歳の長谷川祥平がトップ通過を果たした(提供:日本プロゴルフ協会)

<PGA最終プロテスト 最終日◇20日◇玄海ゴルフクラブ(福岡県)◇6981ヤード・パー71>

2020年度「PGA最終プロテスト」の最終ラウンドが終了。長谷川祥平がトータル7アンダーでトップ通過を果たした。

国内男子ツアーではイケメンルーキー・石坂が単独首位!【写真】

トータル6アンダー・2位に岡田絃希。トータル3アンダー・3位には黒岩輝が続いた。

アマチュアとして出場した今年の「日本オープン」で13位タイに入った清水大成は、トータル1アンダー・7位タイ。清水と同じくトップアマとしてならした桂川有人もトータル4オーバー・18位タイで通過を果たした。

国内ツアー通算4勝のジーブ・ミルカ・シン(インド)は、トータル10オーバー・39位タイで合格した。

一方で、国内ツアー通算5勝のデービッド・スメイル(ニュージーランド)はトータル13オーバー・52位タイと、合格ラインに1打届かず。女子プロ藤田光里の弟・亜久里もトータル14オーバー・60位タイで不合格となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加