NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
今振り返る上野の413球秘話 「中指の皮が信じられないくらいむけていた」

今振り返る上野の413球秘話 「中指の皮が信じられないくらいむけていた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/22

◇東京五輪 ソフトボール1次リーグ 日本8ー1オーストラリア(2021年7月21日 福島県営あづま)

No image

<日本・オーストラリア>力投する上野(撮影・会津 智海)

ソフトボール日本代表の上野由岐子(38=ビックカメラ高崎)が、金メダルを獲得した2008年北京五輪以来、13年、4717日ぶりに五輪の舞台に上がった。

前回の五輪で残した軌跡は、「上野の413球」として広く知られた。決勝までの2日間3試合を1人で投げ抜き、金メダルへ導いた。

決勝前日はダブルヘッダーだった。2試合目のオーストラリア戦は延長12回の大激戦を制して、決勝へ駒を進めた。その夜のできごとを、当時の正捕手で、今回も代表入りしている峰幸代がこう語っている。

「北京五輪の決勝前日、上野さんの右手中指を見たら、皮が信じられないぐらいにベロンとむけていたんです。それを見せられた時に、正直、決勝の米国戦はやばいんじゃないかって思いました」

体は疲労困ぱい、指は見るからに痛々しい様子。万全とはほど遠い状態で、最強のライバル米国を決勝で抑えて、日本に初の金メダルをもたらした。

責任感とエースのプライドの塊、それが上野由岐子である。13年経っても、それは変わらない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加