帝京大は2敗目 対抗戦優勝の可能性消滅 関東大学ラグビー

帝京大は2敗目 対抗戦優勝の可能性消滅 関東大学ラグビー

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇ラグビー関東大学対抗戦Aグループ 帝京大23―39明大(2020年11月22日 東京・秩父宮ラグビー場)

No image

<明大・帝京大>明大に敗れ、肩を落とす帝京大フィフティーン(撮影・吉田 剛)

帝京大は後半無得点で明大に逆転負けを喫し、今季2敗目(4勝)。対抗戦優勝の可能性がなくなった。

序盤は接点で優位に立ち、前半28分までに4トライを重ねて23―7と大量リード。しかしその後は接点やセットプレーでも劣勢となり、明大の5連続トライの反撃になすすべなかった。

これまでゲーム主将を務めてきたFB奥村(4年)がケガで欠場するなど、大事な試合で主力数人を欠いたのも事実。岩出雅之監督は「結果が全てと言えばそうだが、悲観せずに少しずつ成長したい」と前向きに話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加