“境界をこえる” 俳優 荒牧慶彦が『らんま1/2』の“あの主人公”を演じる!

“境界をこえる” 俳優 荒牧慶彦が『らんま1/2』の“あの主人公”を演じる!

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2020/11/21
No image

舞台、映画、ドラマ、声の演技など、あらゆる表現を駆使する鈴木拡樹さんと荒牧慶彦さん。“境界をこえる”プロフェッショナルは、なんと共に高橋留美子ファン!

ここではそんなお二人に「るーみっくわーるど」の最新作『MAO』のミステリアスな主人公・摩緒と、ピュアだがどこか色気のある早乙女乱馬を演じてもらった。

カメラマン・北島 明
「荒牧さんは動きが完璧に乱馬でした。ポージングを研究してくださっていたので、こちらから注文する必要もなく、次々に良いカットが撮れたと思います。鏡に映り込むカットは、その瞬間に画になりましたね」

スタイリスト・ヨシダミホ
「シンプルな衣装なので、細部の装飾ひとつで印象が変わります。既製品のチャイナ服をベースにボタンや袖を付け替えたり、裾にゴムを入れたりしてリメイクしました。結果、乱馬の魂が宿りました」

ヘアメイク・鈴木りさ
「荒牧さんの綺麗な地毛が活きるように、ご本人に色合わせした毛束で、早乙女乱馬さんのヘアスタイルを追いかけました。撮影時、荒牧さんがまるで本当にご自身の毛かのように操っていたのが印象的です」

素直になれないツンデレが乱馬の可愛らしいところ

開口一番「『らんま1/2』が大好きだったので、本当に楽しい撮影でした!」と振り返ってくれた荒牧さん。聞いてみると、実家には高橋留美子作品が揃っていたそう。

「両親が高橋先生の大ファンで、本棚に『うる星やつら』『らんま1/2』『犬夜叉』が全巻並んでいたんです。だから、自然と高橋先生の作品は読んでいました。それ以外にもマンガは3000冊くらいあったのかな……? 一番好きだったのは少年マンガ。主人公が戦って、成長していくストーリーが好きだったんです。でも、姉が少女マンガを集めていたこともあって、ラブコメも好きでした。それを踏まえると、バトルもラブコメ要素も詰まっている高橋先生の作品はとにかく楽しかったですね。今回、乱馬を演じることになって、両親は大喜びしていると思います(笑)」

このたび、乱馬に扮することになり、あらためて〈彼〉の魅力を分析した。

「なかなか素直になれないところが乱馬の魅力だと思います。特にあかねに対しては、好きなくせに意地を張りますよね。まさにラブコメの王道みたいなキャラクターじゃないですか? そんな乱馬と共通点があるとすれば、負けず嫌いなところ。乱馬が誰にも負けたくないと戦いを挑むように、ぼくも芝居においては絶対に負けたくないと思ってしまうんです」 今回の撮影では、相当なプレッシャーもあったという。

「大勢の方から愛されているキャラクターをお預かりするのって、やっぱり緊張するんです。『これは違うよね』と言われてしまう可能性もありますし。でも、幼い頃から二次元のキャラクターに触れる機会は多かったですし、そのキャラクターの魅力を損なわず、むしろ広げていくことに関しては自信があります。だから、信じてもらいたい。乱馬のことも、真摯に演じましたから」

撮影中、乱馬のように飛び跳ね、足を大きく振り上げた荒牧さん。スタッフも意図していなかったポージングに歓声が上がると、嬉しそうな表情を浮かべた。その横顔は、乱馬そのものだった。

あらまき・よしひこ●東京都生まれ。2012年、ミュージカル『テニスの王子様』2nd seasonで本格的に俳優デビュー。舞台やミュージカルを中心に活動し、『刀剣乱舞』、MANKAI STAGE『A3!』、『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stageなどの話題作に相次いで出演する。

取材・文:五十嵐 大 写真:北島 明(SPUTNIK)
スタイリング:ヨシダミホ ヘアメイク:鈴木りさ

(本記事は『ダ・ヴィンチ』2020年12月号より一部転載しております)

“境界をこえる” 俳優 鈴木拡樹が『MAO』の“あの主人公”を演じる!

ダ・ヴィンチニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加