水沼宏太が横浜Mで初ゴールも...試合は完敗「うれしい気持ちはありますけど...」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/22

「明治安田生命J1、C大阪4-1横浜M」(17日、ヤンマースタジアム長居)

横浜Mが4ゴールを許して敗れたが、後半22分に投入されたMF水沼宏太が、以前にプレーしていた時期を含めて、横浜Mでの初ゴールを後半ロスタイムに挙げた。

4点差をつけられ敗色濃厚な中、左CKからの攻撃で、ボールから遠ざかりながらポジションを取り、的確にヘディングをたたきつけた。今季、C大阪から移籍した横浜Mでは、2種登録時代を含め、07年から10年途中までの時期を含めて初得点となった。

ただ、当然、これだけ点差が開いた中では、感激の初ゴール、とはいかない。「素直に、やっとゴール入ったのでうれしい気持ちはありますけど、喜べる状況でもないので…。はい」と悔しさをにじませながら振り返っていた。

上位進出を目指す上で痛いC大阪戦での黒星。連戦の影響も気になるところだが、春に新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が中断していたことを鑑み、「試合をやれてる幸せ、喜びを感じてピッチに立たなきゃいけないと思うので、そこに関しては言うべきところじゃないかなというところは正直、あります」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加