「切迫感なし」ビハインドのリーズサポーターがスタンドインのボールを隠す珍行為

「切迫感なし」ビハインドのリーズサポーターがスタンドインのボールを隠す珍行為

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/14
No image

11日に行われたプレミアリーグ第33節延期分、リーズ・ユナイテッドvsチェルシーで不思議な事象が見られた。

【動画】ビハインドの状況で"遅延行為"を行うリーズサポーター

チェルシー戦をホームに迎えたリーズは0-3でゲームを落とした。この試合、チェルシー2点リードの場面でボールはタッチを割り、ホームのリーズサポーターの待つスタンドへ飛び込んだところで、理解しがたい事象が起きた。

チェルシーのスローインで始まる場面だったが、ボールを手にした女性サポーターは抱え込んで返そうとしない。周囲も早く返せとはやし立ててはいるものの、笑いながらこの状況を楽しんでいるようだ。

マルコス・アロンソは苦笑いで事を見守り、気付いたハフィーニャの催促によってようやくボールはピッチへと返されることとなった。

イギリス『デイリー・スター』は「負けていることを忘れていた」との見出しでこの場面を紹介。笑いながらボールを隠した女性サポーターのキャプチャには「切迫感なし」とのキャプションを付けた。この事象で1分ほどの時間が浪費されたとしている。

この試合に敗れて3連敗を喫したリーズは、降格圏の18位に沈む。ダニエル・ジェームズが退場処分となっていたために1人少なかったリーズだが、サポーターは現状をあまり悲観していないのだろうか。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加