『news23』小川彩佳「最大の敵」は「ゲス不倫夫」じゃなくホラン千秋!?

『news23』小川彩佳「最大の敵」は「ゲス不倫夫」じゃなくホラン千秋!?

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/05/03
No image

小川彩佳、ホラン千秋

2月4日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で報じられた、小川彩佳アナウンサー(35)の夫で、医療ベンチャー「メドレー」の代表・豊田剛一郎氏(36)と一般女性・A子さんの不倫。

関連:■安室奈美恵さん、“昭和歌謡曲風”レトロな秘蔵写真に反響!!「ツイッギーみたい」■

その直後、2月8日発売の『週刊ポスト』(小学館)では、浮気相手のA子さんがインタビューに応じており、2人で行った沖縄旅行について「言葉にできない、素敵な夜だった」などと語った。

両誌の不倫報道を受け、豊田氏はメドレーの代表取締役を辞し、役員報酬の返上、総額16億円相当のストックオプションを放棄。世間に衝撃を与える騒動になっていた。

「4月28日発売の『週刊文春』では、推定資産180億円とも言われる豊田氏が、A子さんに対して、沖縄に家を買おうと提案。沖縄に別荘を建てる計画を立てていたと報じました。

さすがにこの計画は頓挫したようですし、A子さんと豊田氏の関係も報道が出たことがきっかけで終わりを迎えたといいます。ただ、終わった関係とはいえ、小川アナからしてみれば、また浮気に関する新しい情報が出てきているわけで、夫に対する怒りは当分消えないでしょうね」(女性誌記者)

■敵は局内にあり!?

『週刊文春』によると、『news23』(TBS系)のメインキャスターを務める小川アナは「仕事があるから助かっている」と周囲に語っているという。

制作会社関係者は、

「仕事が小川アナの精神的な支柱になっているようですが、その立場は決して安泰とも言い切れない。というのも、『news23』はずっと視聴率が悪いですからね。2019年6月に小川アナがMCに就任してからも数字の改善はなされていません。加えて、TBSでは小川アナの敵といいますか、ライバルと言える存在が出てきているんです」

と話し、こう続ける。

「2017年4月からTBSの夕方のニュース番組『Nスタ』でメインキャスターを務めるホラン千秋さん(32)です。

『Nスタ』はここ最近ずっと数字が良いんですよ。横並びでは連日にわたって世帯視聴率が10%を超え、個人でも5%を超える日本テレビ系の『news every.』には敵わないのですが、『Nスタ』は2位につけています。たとえば、4月27日の放送では視聴率が世帯7.4%、個人でも3.9%という感じで、3位のテレビ朝日系『スーパーJチャンネル』、4位のフジテレビ系『イット!』には明確な差をつけています。

TBS局内では“好調はホランさんのおかげだ”との声も聞こえてきますね」

■ホラン以外のキャスティングが強い

『Nスタ』にはホランだけでなく、メインキャスターに井上貴博アナウンサー(36)、お天気キャスターには森田正光氏(71)らがキャスティングされている。

「ホランさんだけでなく、中高年女性からの人気が高いと言われるTBSの男性エースアナ・井上アナに加えて、気象予報士の中でも人気、知名度が高い森田さんを起用できているというのも、『Nスタ』の善戦ぶりにつながっているとの見方もあります。

TBSの報道局は、時間帯トップの『news every.』を追いかける『Nスタ』のキャスティングにはかなり注力しているといいます。実際、昨年9月からお天気キャスターに『NHKニュース7』への出演経験があり、“可愛すぎる予報士”との呼び声もある國本未華さん(33)が起用され、森田さんとの2人体制にするというテコ入れも行われています」(前出の制作会社関係者)

■『news23』は有働由美子にボコボコ惨敗!

『Nスタ』が王者『news every.』猛追体制を強化する一方で、小川アナがメインの『news23』は、かなり厳しい状況にあるという。

「夜のニュース番組では、日本テレビ系の『news zero』が世帯視聴率が連日9〜10%を記録してトップを走っています。一方、『news23』はその半分以下、世帯4%台と低迷しているんです。

『news23』には地味で暗い雰囲気があって、今のままだと厳しい、との声も聞こえてきますね。テコ入れが必要な状況なのですが、TBSの報道局は今、『news23』より『Nスタ』が数字が取れるように注力していて、中々変革ができないともいいますね。

小川アナにとってみれば、『news zero』のMC有働由美子アナ(52)は強大な敵ですが、同じTBSの番組キャスターで、同局の報道局から力を入れてもらっているホランさんも強力なライバルなんです。ただ、小川アナもホランさんもTBSの報道の顔として日々奮闘する同志。両番組の数字が上がるのが、2人にとってベストなのでしょうが……」(前出の制作会社関係者)

夫のゲス不倫に担当番組の不調――。小川アナの奮闘が、いつか実を結ぶと信じたいところだが……。

出川哲朗、マリエ「島田紳助枕暴露」から1か月――「大激怒している」!!

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加