般若が過去と未来を赤裸々に語るドキュメンタリー公開「深く貴方の心に突き刺します」

般若が過去と未来を赤裸々に語るドキュメンタリー公開「深く貴方の心に突き刺します」

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2020/10/18

ヒップホップMC・般若の長編ドキュメンタリー「その男、東京につき」が12月25日に東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開決定。般若が42歳を迎える本日10月18日に合わせ、特報映像、メインカット、本人のコメントが到着した。

No image

「その男、東京につき」

東京・三軒茶屋で生まれた般若は、時代や流行に左右されず日本語ラップにこだわり、日本のヒップホップシーンそして音楽シーンに大きな影響を与えてきた。しかし、その背後にはこれまで多くを語らなかった壮絶な過去が。いじめや自殺をも考えた経験、音楽との出会いとジレンマなど、困難に行先を絶たれても立ち止まらず、2019年1月に日本武道館ワンマンライブを成功させた。

ドキュメンタリーでは、自身の父への思いや、コロナ禍で考えていることが赤裸々に語られる。Zeebrat-AceR指定Creepy Nuts)、T-Pablow、Gami、DJ BAKU、松井昭憲らも出演し、「旅するダンボール」の岡島龍介が監督・編集を担当。YouTubeで公開中の特報映像には、日本武道館のステージを中心に、楽曲制作する姿やヒップホップへの思いを語るインタビューが収められた。映画の公開に際し、般若は「全米が泣かなくて申し訳ありませんでした。深く貴方の心に突き刺します」とコメントしている。

また映画公開を記念して、未公開のミュージックビデオ7本を本日10月18日より毎週1本ずつ、般若YouTube公式チャンネルで公開。第1弾は山本KIDの映像を盛り込んだ「スーパースター」だ。

(c)2020 A+E Networks Japan G.K. All Rights Reserved

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加