市職員が休憩中、カセットボンベ万引き 「レジが混んでいて」 滋賀・近江八幡

市職員が休憩中、カセットボンベ万引き 「レジが混んでいて」 滋賀・近江八幡

  • 京都新聞
  • 更新日:2022/11/25
No image

滋賀県近江八幡市は25日、福祉保健部の会計年度任用の70代男性職員が同市内のスーパーで窃盗し、停職2カ月の懲戒処分にしたと発表した。

市によると、職員は10日午後0時半ごろ、休憩時間中に同市桜宮町のスーパーで、カセットボンベなど1600円相当を万引し、店員に呼び止められ、近江八幡署での取り調べで万引を認めた。職員は同日中に市に自己申告し、「レジが混んでいて、やってしまった。深く反省しています」と話しているという。

小西理市長は「市民の信頼を損なう行為だったとおわび申し上げるとともに、職員に自覚と責任ある行動を求めていく」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加