引退福留に阪神・糸井が“お返しメッセージ”「野手に転向したとき、目標の選手が福留さんでした」

引退福留に阪神・糸井が“お返しメッセージ”「野手に転向したとき、目標の選手が福留さんでした」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

◇セ・リーグ 中日3-9巨人(2022年9月23日 バンテリンD)

No image

21日、甲子園のファンに別れを告げた糸井

阪神・糸井嘉男外野手(41)が23日、引退試合に臨んだ中日・福留孝介外野手(45)に対して、動画でのメッセージを寄せた。21日の糸井の引退試合の際には福留が動画メッセージを送っており、この日は“お返し”の形になった。

「孝介さん! 24年間、現役生活、本当にお疲れさまです!」とはじめた糸井は「僕がタイガースに来て不安なところをいろいろと気にかけてくださり、本当に助けてもらった記憶があります。また、僕が野手に転向したとき、目標の選手がやっぱり福留孝介さんでした。そんな孝介さんと一緒にタイガースでプレーできて、僕は幸せでした、本当にありがとうございます」と胸の内を明かした。そのうえで「同じタイミングで僕も引退ということになりましたけど、また食事とかいろいろお話しできたらなと思います。本当に24年間お疲れさまでした!」と結んだ。

2013年から20年まで阪神に在籍した福留は、糸井とは17年からの4年間、同じ外野手としてプレーした間柄だ。福留は糸井の引退試合で「僕自身も今年でユニホームを脱ぎますが、その際にも嘉男が僕に『お疲れさまでした』と連絡をくれて、その中で『僕も辞めます』という連絡で。そういう連絡をもらって『嘉男らしいな』と思いました。お互いユニホームは脱ぎますが、またどこかでゆっくりと、いろいろ昔話ができたらなと思います。本当に19年間お疲れさまでした」と裏話をまじえつつ、労っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加