ガーナで衝撃映像「DFがわざとオウンゴール2発」...理由は”八百長阻止”か

ガーナで衝撃映像「DFがわざとオウンゴール2発」...理由は”八百長阻止”か

  • Qoly
  • 更新日:2021/07/22
No image

先週末に行われたガーナ・プレミアリーグの試合で、非常に奇妙な場面が撮影されたようだ。

その試合はアシャンティ・ゴールド対インター・アライズ。結果は7-0というスコアで終わっているのだが、問題となっているのが終盤の場面。

途中出場したインター・アライズのDFハシュミン・ムサーが、なんと最後の12分でわざと2回のオウンゴールを叩き込んだのだ。

【動画】ハシュミン・ムサーがなぜか自陣のゴールに2本のシュートを決める

『Daily Mail』によれば、この場面についてハシュミン・ムサーは『Kumasi FM』の取材で以下のように話したという。

ハシュミン・ムサー「試合の後、八百長の試みを台無しにしてくれたと僕のテクニカルチームから称賛されたよ。監督には言ったんだ。『プレーさせてくれれば試合結果の固定を台無しにする』と約束した。そして試合後チームは僕を祝福した。我々のホテルで、この試合が5-1のスコアになるという結果に大きなお金が賭けられたと聞いた。僕は八百長を容認しないので、それを台無しにしてやろうと決めた」

この試合は5-1のスコアになるように仕組まれており、そのために八百長が行われていたという。そうなればおそらく両チームの選手が買収されていたということになるわけだが…。

ただアシャンティ・ゴールド側はその八百長に加担したという主張を否定し、それに法的措置も辞さないと発表している。

なお、ガーナのサッカー協会もこの問題をさらに調査すると述べており、警察と強力の上、証拠や関連情報を探っている状況にあるとのことだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加