BTSのV、「万能エンターテイナーなアイドル」投票で1位に!歌、演技、MC...できないことある?

BTSのV、「万能エンターテイナーなアイドル」投票で1位に!歌、演技、MC...できないことある?

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2021/10/14

BTS(防弾少年団)のメンバー、Vが「万能エンターテイナーな男性アイドル」投票で1位に輝いた。

【写真】「こんなの5度見するわ」Vの“美脚”

アイドルの様々なテーマで投票を行う韓国の人気サイト「チェエドル」が10月7~13日に行った「男性アイドルで万能エンターテイナーは?」という投票で、Vは計3万6448票を集めて1位となった。

歌手はもちろん、演技、バラエティ、MCと様々な分野で能力を発揮してきたVだけに、今回の投票で1位に選ばれたのも当然かもしれない。

まずVは、歌手としての歌唱力やダンスだけでなく、作詞・作曲、プロデュース能力も発揮している。最たる例がドラマ『梨泰院クラス』のOSTとして知られる自作曲『Sweet Night』だろう。

『Sweet Night』はSpotifyの「2020年KドラマOST(挿入歌)ストリーミングチャート」で1位に輝いたほか、リリース直後からMelonのOSTチャートでも1位を獲得。韓国ドラマの挿入歌として最も早くSpotifyの再生回数1億回を突破したことで知られる。

No image

V

またVは2016年のドラマ『花郎<ファラン>』で、俳優パク・ソジュンらと共演。忙しいスケジュールのなか、高い演技力を見せて監督やスタッフから賞賛された。BTSとしての活動が多忙で演技者として以降の活動はないが、現在もドラマ制作会社からのラブコールが絶えないという。

2017年の「SUPER CONCERT in 大田(テジョン)」では、スペシャルMCを務め、見事な進行で素質を見せた。他にも、『知ってるお兄さん』といったバラエティ番組でも存在感を見せ、特に今年3月に出演した『You Quiz on the Block』では、率直でわかりやすいトークが話題になった。

No image

(画像=『You Quiz on the Block』)

歌、ダンス、作詞・作曲、プロデュース、バラエティ、演技、MCと、まさに“万能”ぶりを見せているV。次はどんな分野で活躍するか、世界中の注目が集まっている。

なおVが所属するBTSは、来る10月24日にオンラインコンサート『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE』を行い、11月27、28日、12月1、2日にはロサンザルスで2年ぶりの有観客コンサート『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA』を開催する。

◇V プロフィール

1995年12月30日生まれ。本名キム・テヒョン。2013年にBTSのメンバーとしてデビューし、グループ内ではサブボーカルを務める。“美少年”と呼ぶに相応しいビジュアルとのギャップを感じさせる低音ボイスが特徴で、ボーカルラインの中でも主に中低音パートを担当している。優れたビジュアルが世界的に評価されており、映画情報サイト『TC Candler』が発表する「世界で最もハンサムな顔100人」の上位にたびたびランクインしている。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加