桐蔭学園16強進出も木本主将は4の0/神奈川

桐蔭学園16強進出も木本主将は4の0/神奈川

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/15
No image

瀬谷西対桐蔭学園 4回裏桐蔭学園無死、中飛に倒れる桐蔭学園・木本(撮影・湯本勝大)

<高校野球秋季神奈川大会:桐蔭学園10-2瀬谷西>◇15日◇2回戦◇サーティーフォー保土ケ谷球場

桐蔭学園が7回コールド勝ちで、16強を決めた。打線が爆発し、12安打で毎回得点を記録したが、1番の木本圭一主将(2年)は4打数無安打。「最近調子がよくない。できることをやっていきたい」と笑顔はなかった。

静岡県沼津市出身で、裾野リトルシニア時代はU15日本代表に選出された。桐蔭学園に入学すると、1年夏には二塁のレギュラーを勝ち取り、森(現DeNA)と二遊間を組んだ。経験を積んで、高校通算6本塁打、50メートル走6秒0を誇る俊足好打者に成長した。

「自分がそうだった分、試合に出てる後輩たちがやりやすいように声をかけています」と、経験を生かし、主将として引っ張る。目標は高卒プロ入り。夢をかなえるため、まずはチームの勝利に貢献する。「目先のことを考えないで、1戦必勝でやっていきたい」。19年以来のセンバツへ出場へ向けて意気込んだ。【湯本勝大】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加