侍ジャパンの稲葉監督がフェニックスLで指揮

侍ジャパンの稲葉監督がフェニックスLで指揮

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

侍ジャパンの稲葉篤紀監督(48)が、宮崎での秋季教育リーグ「フェニックスリーグ」で日本ハムの指揮を執ることが決まった。

No image

侍ジャパンの稲葉監督

建山義紀投手コーチ、井端弘和内野守備コーチとともに今月26日の日本ハム―西武戦、27日の日本ハム―中日戦でベンチ入り。侍ジャパンのユニホームを着用して指揮を執る。

東京五輪が1年延期された一方、稲葉監督は昨年11月のプレミア12から約1年、実戦から遠ざかっている。実戦感覚を養い、ベンチワークなどを確認するための貴重な場となる。

なお、今季のフェニックスリーグは全試合無観客で開催されている。

稲葉監督は就任した17年にも、初陣となるアジアプロ野球チャンピオンシップの前に今回と同様にフェニックスリーグで指揮を執ったことがある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加