秋雨前線が北上 関東や西日本は傘の出番に

秋雨前線が北上 関東や西日本は傘の出番に

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2020/09/16
No image

2020/09/16 06:28 ウェザーニュース

今日16日(水)は秋雨前線が昨日に比べて北上し、西日本を中心に朝から雨の所が多くなっています。昼前後は関東でも雨が降りやすく、傘の出番となる見込みです。

九州などは朝から雨

九州から中四国にかけては前線の北側に広がる雨雲に覆われ、所々に活発な雨雲も見られます。6時までの1時間の雨量は佐賀市で3.0mm、鹿児島県出水市で4.5mmと本降りの雨です。また、伊豆半島から関東沿岸には、風の流れの変化による局地的な前線が形成されて、雨を降らせています。小さな雲ながらも発達し、伊豆市・天城山で1時間に3.5mmを観測しました。

関東も昼頃から雨が降りやすい

No image

午後にかけて秋雨前線は停滞するため、西日本の太平洋側を中心に雨の降りやすい状況が続く見込みです。

関東でも昼頃から次第に雨が降りやすくなってきます。長く降り続く雨ではないものの、外出時は折りたたみの傘が必要です。

北海道の雨は低気圧が北に離れていくため午前中が中心で、午後になると次第に止む所が増えてきます。

明日17日(木)以降は前線活動が活発になり、西日本から雨の強まる所がありますので、早めの備えが必要です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加