西武の松本、課題克服して好投 プロ野球

  • 時事通信社
  • 更新日:2020/10/18

西武の松本は最近の2試合はともに5四球と制球が荒れたが、この日は1四球。「ブルペンから調子が良かった。前回はボールが続いてしまったので、ゾーンで勝負ができてよかった」。課題を克服し、手応えを口にした。

勝ちパターンの救援陣が安定していることもあり、6回1失点、84球と余力を残して降板。「(七回も)いきたい気持ちはあった。もっとイニングを任せてもらえる投手になりたい」と、首脳陣からの信頼獲得を誓った。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加