暦の上では“梅雨入り”? 入梅とは

暦の上では“梅雨入り”? 入梅とは

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2021/06/12

11日は暦の上では雑節のひとつ「入梅(にゅうばい)」。農作業をする上では雨期を知ることはとても重要なことで、江戸時代に暦の上での梅雨入りである「入梅」が設けられました。

入梅は太陽の黄経が80度に達した日とされていて、暦の上ではこの日から梅雨になります。

ただ、南北に細長い日本では、実際には北と南で気候が大きく違い、梅雨入りも梅雨明けも、ほぼ南の方から順にやってきます。そのため、現在は気象庁が

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加