【J1採点&寸評】札幌2-3神戸|守備範囲、判断、精度――。レベルの違いを見せつけた“鉄人”をMOMに!

【J1採点&寸評】札幌2-3神戸|守備範囲、判断、精度――。レベルの違いを見せつけた“鉄人”をMOMに!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/08/02
No image

【警告】札幌=なし 神戸=飯倉(58分) 【退場】札幌=なし 神戸=なし 【MAN OF THE MATCH】山口蛍(神戸)

No image

【警告】札幌=なし 神戸=飯倉(58分) 【退場】札幌=なし 神戸=なし 【MAN OF THE MATCH】山口蛍(神戸)

[J1リーグ8節]札幌2-3神戸/8月2日/札幌ドーム

【チーム採点・寸評】
札幌 6
前節同様にモビリティのある選手を前方に並べ、相手をボールサイドに追い込んで奪い取る守備が途中までは機能。ただし、疲れが見えてからは相手に自由を与えてしまい、オープンな展開に持ち込まれ、個の差が出た。

【札幌|採点・寸評】
GK
1 菅野孝憲 6
悪いプレーを見せていたわけではないが、結果として3失点。ロングキックからチャンスメイクをする点では飯倉に差を見せつけられた。

DF
3 進藤亮佑 6(86分OUT)
目立った働きがあったわけではないが、効率的な動きを見せ、安定感のあるプレーぶりだった。

32 田中駿汰 6
その後の展開が予測できた場面では、好守を見せていたものの、一気に攻守が入れ替わった場面では慌ててしまった。

31 高嶺朋樹 6
最終ラインから巧みに動き出し、相手の嫌がるポジションでパスを受け、さらに出し手としても起点を担った。
MF
7 ルーカス・フェルナンデス 5.5
試合終盤には敵陣深くまで入り込んでいたが、それまでの時間帯では酒井に簡単に封じられていた。

4 菅 大輝 6(79分OUT)
高いエリアまで駆け上がるスプリント力とスタミナは素晴らしい。継続することで結実するように感じる。

8 深井一希 6.5(79分OUT)
グラウンダー、ハイボール問わず、パスコースを消すだけでなく、そこを通過するボールもしっかりと跳ね返していた。

14 駒井善成 6
相手の守備ラインと積極的に駆け引きをしながら攻め込んだが、あと一歩、精度と連係が足りていなかった。MF
10 宮澤裕樹 6(73分OUT)
対峙したサンペールを封じきることはできなかったが、縦への仕事はさせず、対応自体は評価できる。

18 チャナティップ 5.5
前方をふさがれた場面でのクオリティがこの日は足りず。また、要所で転倒をしてしまうなど不本意なパフォーマンスだったように見える。

27 荒野拓馬 7
試合は敗れたものの、個人にフォーカスすれば素晴らしい出来だった。攻守の中心を担い、見事な2ゴールも決めた。
交代出場
MF
30 金子拓郎 6(73分IN)
期待通りにボールを持ち運び、サイドへと展開まではしたものの、相手ゴール前まではなかなか侵入できず。

DF
20 キム・ミンテ ―(79分IN)
相手のカウンターの芽を摘みたかったが、ラインを押し上げられず不十分だった。

MF
19 白井康介 ―(79分IN)
ファーストタッチが巧みで、いい形で攻撃に絡むも決定機を生み出せず。

FW
33 ドウグラス・オリヴェイラ ―(86分IN)
短い出場時間ながらもボールに関与する回数が多く、その意欲的な動きは好印象だ。

監督
ペトロヴィッチ 5.5
対神戸の策はうまく構築、そして準備できていたように思う。ただし、もう少し交代策が早ければ結果が変わっていた可能性もあるだけに惜しい敗戦となった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。【チーム採点・寸評】
神戸 6
立ち上がりは低調だったものの、そこからペースを掴んだのは見事。個人では上回っていたため、終盤はもっとリードを広げることも十分に可能だったはず。とはいえ、敵地で勝点3を取ったのは大きい。

【神戸|採点・寸評】
GK
18 飯倉大樹 6
前半は相手がパスコースを封じてきたため特徴を逆手に取られたが、試合途中からは敵陣へのキックで相手に揺さぶりをかけることに成功した。

DF
33 ダンクレー 6.5
5戦ぶりの先発となったが、前への強さ、高さで何度も相手の好機を封じ込めた。十分なパフォーマンスだった。

25 大﨑玲央 6(77分OUT)
相手がプレスに来る場面と、来ない場面があったため戸惑いも見えたが、うまく外して起点を作ることができていた。

4 トーマス・フェルマーレン 6
相手がサイドに追い込んできたが、左足でのプレーは自由にやらせてもらえたため、さほど苦にしていなかった。
MF
24 酒井高徳 6
常に広い視野を確保し、安定したプレーを見せていた。相手の縦への仕掛けが多かったこともあり予測が簡単で、おおよそ問題なく守備対応した。

MAN OF THE MATCH
5 山口 蛍 7
守備範囲の広さと、長い距離を走るシーンの判断力、パスの精度はさすが。レベルの違いを見せつけた。2得点も見事だった。

8 アンドレス・イニエスタ 6.5(90分OUT)
圧倒的ではないものの、ボールが収まったときのアイデアとクオリティの安定度は見事。何度も相手を脅かしていた。

6 セルジ・サンペール 6(77分OUT)
敵に常に警戒されていたため、一発で崩すパスは出せなかったものの、サイドにテンポよく配給をして見せた。
MF
22 西 大伍 6
立ち上がりから、なかなか良い形でパスを受けらなかったが、前半終了間際に見事なボールコントロールから巧みにアシストを記録した。

FW
49 ドウグラス 6.5(90分OUT)
得点、アシストと活躍。とりわけロングボールを使った場面ではこの選手の特徴が見事に発揮された。

11 古橋亨梧 ―(11分OUT)
開始早々に負傷をしてしまい、ベンチに退くこととなった。
交代出場
FW
13 小川慶治朗 6(11分IN)
古橋の負傷により急遽投入されたが、また違った特徴を出しながらしっかりと試合の流れに乗っていった。

MF
27 郷家友太 ―(77分IN)
球際での戦いでしっかりと戦い、試合終盤の高いテンションのなかで堅実な貢献を見せた。

DF
3 渡部博文 ―(77分IN)
相手がゴール前に殺到してくる試合終盤に向けて守備補強のために投入され、しっかり役目を果たした。

FW
21 田中順也 ―(90分IN)
試合をクローズさせる展開にはできなかったが、高さを生かして周囲を助けていた。

MF
14 安井拓也 ―(90分IN)
プレー時間はわずかだったが、献身的に走って勝利に貢献した。

監督
トルステン・フィンク 6.5
相手がタイトに囲ってくるなかで、ロングボールを交えて試合の流れを引き寄せ、勝利に導いた采配は的確だった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加