世界ランク1位のダスティン・ジョンソン 難コースに太刀打ちできず玉砕

世界ランク1位のダスティン・ジョンソン 難コースに太刀打ちできず玉砕

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2021/02/22
No image

DJは好相性のコースも太刀打ちできず|撮影:GettyImages

トップを行くサム・バーンズ(米国)に2打差で最終ラウンドを迎えたダスティン・ジョンソン(米国)、世界ランキング1位、前週まで出場7大会中3勝と絶好調だが、難コースに今年は勝てず最終ラウンドは「72」とオーバーパー。結果は8位タイに撃沈した。「今週はパー5が攻略できなかった」とDJ。スタートホールの1番パー5でもバーディが奪えず、前半で1つ伸ばすも5打差でバックナインへ。

DJのドライバースイングをスロー再生!【動画】

そしてリビエラCCの名物ホール、距離の短い10番パー4では、ティショットがグリーン左の深いキクユ芝のラフへ。木の間を縫ってグリーンを狙った第2打は木を直撃すると90度も左へと跳ねた。第3打は3.5mにつけたがこれが入らずボギーで後退。11番パー5ではバーディで取り戻したが、12番は3パット、最後まで勢いに乗ることはできなかった。

2017年大会の覇者で、14、15年は2位と好相性のコースだが、太刀打ちできなかった。

「2度ほど悪いティショットを打ってしまった。9番で左に曲げて、10番も左。アプローチでも取り戻せなかった。それにグリーンはもともとトリッキーな上に、きょうはカットされていなかったから、少し遅かった。それでしっかり打つことができなかった。最初の2日はスーパーファストだったのに…」と風が吹いたコースに対応できず悔しさをにじませた。

それでも「スイングも良いし、良いプレーができた。少しミスをしてしまっただけ」と前向きに捉える。ちなみに今季の平均スコアは68.459で断トツの1位、2位のザンダー・シャウフェレ(米国)の69.393に0.9打以上の差をつけている。

「次週からの数週間を楽しみにしている」と、来週から始まるフロリダスイング、まずは「WGC・ワークデイ・アット・コッセンション」(2月25日開幕)へと向かった。(文・武川玲子=米国在住)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加