「食品添加物は安全」の前提で「無添加」表記なくなる 一方で着色料や保存料にリスク懸念も

「食品添加物は安全」の前提で「無添加」表記なくなる 一方で着色料や保存料にリスク懸念も

  • マネーポストWEB
  • 更新日:2022/05/14
No image

買い物する際は、これまで以上に吟味しなければならない(イメージ。Getty Images)

消費者庁は3月、「食品添加物表示制度」の改正を発表。誤解を招く恐れのある食品表示の10類型を列挙し、それらを規制する方針を示した。食品メーカーは商品パッケージに「無添加」の表記を使用できなくなり、今年4月以降の製造分から適用される。この改正は食の安全の面で大きなリスクをはらんでいるのではないか──。

【一覧表】飲料やお菓子にも… 健康被害が懸念される添加物の数々

そもそもなぜ今回、こうした制度改正が行なわれたのか。食品ジャーナリストの郡司和夫氏が指摘する。

「食品表示法は加工食品に保存料や着色料などの添加物を使った場合は商品パッケージに記載するよう義務付けていますが、『無添加表示』や『○○不使用』については規制が曖昧でした。『国が認めた添加物は安全』という前提に立つ消費者庁は、一部メーカーが『無添加』や『不使用』を全面的に打ち出すことは、“添加物を使っている食品は危ない”という誤解を招く怖れがあると判断した。そうした誤解を防ぐためのガイドライン策定です」

そもそも食品添加物とは、食べ物の形状を整えたり、味の向上や日持ちを良くするためなどに使用される物質の総称。国は現在829品目を認めているが、世界各国では添加物の危険性が続々と報告されている。これを機に添加物の正しい知識を知っておきたい。

まず、添加物の王様と称される「着色料」には健康被害の懸念があるという。

「ハムやソーセージ、紅ショウガや梅干しの発色をよくする『赤色102号』は子供の注意欠陥多動性障害(ADHD)を発症する可能性があり、英国は2009年に国内での使用を禁止しました。またゼリーや清涼飲料水に使われる『赤色2号』は発がん性やじんましんなどとのリスクがあるとして米国で使用禁止され、EUでも使用食品が制限されている。しかし日本では『赤色102号』『赤色2号』ともに規制の対象外です」(郡司氏)

赤色以外でも、たくあんや数の子など酒のツマミに利用される「黄色4号」は、じんましんや下痢、染色体異常を引き起こす危険性が報告されており、英国ではメーカーに自主規制が勧告された。だがこれも、日本では規制されていない。

「過酸化水素水不使用」と表記できない

着色料と並んで使用頻度が高い「保存料」にも健康被害の報告がある。抗菌性タンパク質の「ナイシン」がその一つ。

「ナイシンの成分は抗生物質のため、摂取し続ければ耐菌性が出現して抗生剤が効かなくなるリスクがあります。食品添加物としての使用を禁止する国は多く、EUではチーズなどの乳製品にのみ使用が許可されています。ところが日本ではチーズだけではなく、食肉製品やドレッシング、パスタソース、マヨネーズ、洋菓子など様々な食品に使用されている」(郡司氏)

ハムやソーセージなどの加工肉などに使われる保存料「ソルビン酸カリウム」も健康被害のリスクが無視できないという。

「体内で生成される亜硝酸ナトリウムと合わさると発がん性物質ができます。さらに動物実験では肝臓肥大や成長抑制、染色体異常が起こることも確認されています」(同前)

加工肉には、肉を綺麗なピンク色に保つ発色剤の「亜硝酸ナトリウム」が使われるケースも多い。

「この添加物は別の物質と組み合わさると毒性が強まる『相乗毒性』があり、人の胃の中や食肉に含まれる『アミン類』と結合すると、『ニトロソ化合物』という発がん性物質が生成されることがわかっています」(同前)

今回のガイドライン改定で郡司氏が注意を促す添加物が「漂白剤」だ。

「数の子などに使われる『過酸化水素』は、医療用では消毒薬のオキシドールとして使用されるもので、発がん性リスクが指摘されています。水産加工会社のなかには手間と費用をかけて『過酸化水素水不使用』の数の子を販売するところもありますが、今回のガイドラインで『不使用』が謳えなくなる。こうした企業努力が無駄になり、安全な食品が消費者に届かない事態が心配です」

食品を買う際は、これまで以上にパッケージをよく見て、正しい知識で健康を守っていきたい。

※週刊ポスト2022年5月20日号

マネーポストWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加