志尊淳、『青天を衝け』で大河ドラマ初出演 追加キャスト11名発表

志尊淳、『青天を衝け』で大河ドラマ初出演 追加キャスト11名発表

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/05/02
No image

大河ドラマ『青天を衝け』杉浦愛蔵(譲)役の志尊淳<画像をもっとみる>

俳優の吉沢亮が主演を務める大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)より、大河ドラマ初出演となる志尊淳をはじめ、新展開を迎える物語に登場する新たな出演陣11名が一挙発表された。

【写真】志尊淳ら11名が決定! 大河ドラマ『青天を衝け』追加キャスト陣

大河ドラマ第60作となる本作は、約500の企業を育てた上、約600の社会公共事業に関わり、「日本資本主義の父」とも呼ばれた渋沢栄一の生涯を描く。栄一役の吉沢、徳川慶喜役の草なぎ剛のほか、ベテランから若手注目株まで豪華キャストが集結。連続テレビ小説『あさが来た』などの大森美香が脚本を担当する。

物語は、慶喜の家臣となった渋沢栄一(篤太夫)がパリ万国博覧会の使節団に任命され、慶喜の弟・昭武に伴ってフランスへ向かう一方、倒幕の機運がますます高まる日本では、15代将軍となった慶喜がいよいよ重大な決断を下す局面に。そんな急展開の迎える『青天を衝け』で活躍する、新たな登場人物を演じる11名のキャスト陣が発表された。

大河ドラマ初出演となる志尊が演じるのは、昭武の随員としてパリ万博へ派遣され、そこで栄一と親交を深め、やがて家族ぐるみのつきあいをするほどの仲となる外国奉行支配・杉浦愛蔵(譲)。維新後は静岡へと移り、やがて明治新政府に出仕して、栄一が立ち上げた民部省改正掛の一員となり、前島密らと郵便制度の確立に努めることとなる人物だ。

志尊は、初の大河ドラマに臨むにあたり「不安もありますが、常に戦い挑戦していた杉浦愛蔵の想いを継承し、僕も戦いたいと思います」とコメントを寄せた。

そのほか、幕府の外国奉行・栗本鋤雲役で池内万作、田辺太一役で山中聡、向山一履役で岡森諦、杉浦と同じ外国奉行支配・福地源一郎役で犬飼貴丈、奥医師・高松凌雲役で細田善彦が出演。

さらに、一橋家の慶喜の側近・黒革嘉兵衛役でみのすけ、原市之進役で尾上寛之が、そして会津藩主・松平容保役で小日向星一、容保の弟の桑名藩主・松平定敬役で小日向春平、長州藩士・井上聞多(馨)役で福士誠治の出演が決定した。

なお、志尊のほか、犬飼、俳優の小日向文世の息子の星一&春平、そして福士も大河ドラマ初出演となる。

大河ドラマ『青天を衝け』は、NHK総合にて毎週日曜20時放送。BSプレミアム、BS4Kにて18時放送。

【出演者全文コメント】
◆志尊淳(杉浦愛蔵役)
今回、杉浦愛蔵を演じさせていただくことになりました、志尊淳です。
今、私たちの生活において必要不可欠な郵便制度の確立に努め、制度の統一、郵便局の設置などを行った1人。
そんな日本近代化の礎を築いた人物の生涯を通して僕が感じたこと、見たものをしっかりとお伝えできたらなと思っております。
初めての大河ドラマで不安もありますが、常に戦い挑戦していた杉浦愛蔵の想いを継承し、僕も戦いたいと思います。

◆池内万作(栗本鋤雲役)
俳優は自分以上の人間は演じることはできない」なんてことをいいますが、これは歴史上の人物を演じるたびに痛感させられることかもしれません。
幕府と国の未来のために国内外を飛び回り、列強を相手に交渉に当たった、スケールの大きい人物を自分は演じられるのだろうか?と、そんなことも思わなくもありませんが、最後まで栗本鋤雲さんを楽しく演じ切れたらと思います。

◆山中聡(田辺太一役)
幕末から明治にかけて激動の時代を実際に生き抜いた人たちを演じることは、役者としてとても身が引き締まります。
日本のために命を懸けた人たちに恥じぬよう、心を込め精いっぱい演じたいと思います。
そして、また大森美香さんとご一緒させていただけること、すてきな俳優さんたちに囲まれてお仕事ができることに感謝致します。
携帯の壁紙「田辺太一さん」にしました。

◆岡森諦(向山一履役)
向山一履役の岡森 諦です。大河ドラマは『八重の桜』以来、8年ぶりです。
そして今回、大森美香さんが脚本をご担当ということもあり、出演させていただくことを大変光栄に思います。
向山一履は外国奉行として、これから世界へ羽ばたこうとする日本の重責を担った人物です。
彼の胸中を想像しながら、当時の日本人の海外での懸命の奮闘ぶりが伝わればと思っております。

◆犬飼貴丈(福地源一郎役)
事務所の先輩の小池徹平さんが橋本左内役で出演されていたこともあり、僕もいち視聴者として『青天を衝け』を見ていたのですが、まさかその世界に僕も出演させていただけるとは夢にも思っていなかったので、すごくワクワクしました。先輩が左内の人生をまっとうされたことで、なんだか後輩としてバトンを託されたような気持ちになっておりますので、それをしっかりと受け継いで走りきりたいなと思います。
そして、福地源一郎としても、彼は外国に行っていろんなものを見て、いろんなものに感化されて、日本でいろんなことに挑戦した人なので、その姿勢を見習って、初めての大河ドラマの現場でいろいろ見て、経験して、試して、がんばっていきたいと思っています。

◆細田善彦(高松凌雲)
いち視聴者として、放送を楽しませていただいていた『青天を衝け』に参加できることをとてもうれしく思っています。今回、和装だけではなく洋装の衣装合わせもさせていただきながら、あの時代、外国から新しい文化が入ることによって求められた“新しい価値観”というものに、今の時代に通ずるものがあると強く感じました。我々、使節団を通して当時のフランスを少しでも皆さんに感じていただけたらと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

◆みのすけ(黒川嘉兵衛)
今回、実在した、一橋家徳川慶喜に仕える黒川嘉兵衛役をやらせていただきます。『おんな城主直虎』以来2回目の大河ドラマ出演に喜んでおります。今回はたぶん視聴者の皆様に憎まれずに済みそうです(笑)。前回は徳川家康の家来、今回は慶喜の家来と不思議に徳川家にゆかりのある役どころが続いています。すばらしいキャスト陣、スタッフ陣のもと、精いっぱい頑張りたいと思います。

◆尾上寛之(原市之進役)
水戸藩出身一橋家家臣、原市之進役を演じさせていただきます尾上寛之です。草なぎさんふんする慶喜様に初めてお会いした時そのたたずまい、眼力に一目で魅了されました。一橋家で働けることに誇りを持って、そして殿が激動の波に飲み込まれないように全力でお支えしたいと思っています。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。

◆小日向星一(松平容保役)
徳川将軍家に一心に忠勤を心がけた会津藩主松平容保を演じさせていただきます。
忠義に篤(あつ)いその人柄は「精忠、天地を貫く」と称(たた)えられたそうです。そんな容保を演じられることに背筋が伸びる思いです。
大先輩方と弟の春平とスタッフの皆様とご一緒に激動の時代を作り上げていきたいと思います。
誠心誠意、演じさせていただきます。よろしくお願いいたします。

◆小日向春平(松平定敬役)
松平定敬役を演じます、小日向春平です。
松平容保・定敬という兄弟の役を、実の兄である星一と共に演じさせていただけることに喜びと大きなやりがいを感じています。実の兄弟だからこそ生かせる強みを存分に発揮できるよう心がけています。
初の大河ドラマの出演となりますが、『青天を衝け』をご覧になる視聴者の皆様や、スタッフ・共演者の方々、そして何よりこの怒涛(どとう)の時代にかつて実際に生きていた松平定敬ご本人に恥じないよう精いっぱい努めさせていただきます。

◆福士誠治(井上聞多役)
井上馨を演じます、福士誠治です。
連続テレビ小説の『純情きらり』以来、NHKの作品にはたくさん出演させていただいていますが、大河ドラマは初めてで興奮しています。
物語の後半からの出演になりますが、井上馨という人物に寄り添い、そして初めての大河ドラマを楽しんでモノづくりをしていきたいです。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加