「神童」家族が崩壊...医学部・弁護士・五輪、高学歴親「リベンジ型子育て」の恐怖

「神童」家族が崩壊...医学部・弁護士・五輪、高学歴親「リベンジ型子育て」の恐怖

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2023/01/25
No image

小児科の医師の成田奈緒子さんは、神戸大学医学部の同級生だという山中伸弥教授が最も信用する研究者のひとりだ。ふたりの共著『山中教授、同級生の小児脳科学者と子育てを語る』では、おふたりの「育ってきた環境」も明らかにしながら、「レジリエンス=乗り越える力」が現代にとても大切であることも訴えていた。

No image

神戸大学医学部の同級生だった山中伸弥教授と成田奈緒子さん 写真提供/成田奈緒子

そんな成田さんの最新刊『高学歴親という病』は、「レジリエンス」を育てるために、時に障壁となってしまうこともある「親の病」について綴った書籍だ。特に高学歴の親が「子どものため」にと起こす行動が与える深刻な影響を伝えている。本書より何回かにわたり抜粋掲載する第2回は、高学歴親子のレジリエンスが低い原因を探っていく。
前編ではその原因の顕著な例ともいえる「リベンジ子育て」の実例を伝える。

No image

第1回「副支店長の息子がかわいそう…80万円オレオレ詐欺に騙された母にみる高学歴親の闇」はこちら

高学歴偏重親の「リベンジ型子育て」

子育てを、自分の人生に対するリベンジのようにとらえている人もいます。自分より良い学歴、良い人生をと願うあまりに干渉・矛盾・溺愛を続けます。親が子どもの人生を自分の生きがいにしてしまう。要するに依存するのです。これは、私が一番なってほしくないパターンです。

リベンジしたい親は子育てを焦るため、小さいころから塾に行かせるといった早期教育に走る傾向があります。最終ゴールとして「一流大学合格」を掲げ、子どものほうも頑張ってついてきて目標を達成した。その直後に意欲がガクンと落ちて大学に行けなくなる。もしくは卒業後に崩れてしまう。わが子が成人してから子育てのまずさにハッと気づく――こうなってしまう親御さんは少なくありません。

アイコさんは、娘が3歳のときから体操教室に通わせていました。小学校に上がると、1週間休みなく体操をやらせ、英会話、ピアノと、週に9コマも習い事をさせていました。その効果なのか、体操に限らずスポーツは何でもできました。学業成績もトップクラス。よくいわれる「神童」です。

No image

運動神経抜群でピアノもでき、学業も優秀だった Photo by iStock

「器械体操でオリンピックに出る」

そんな目標を掲げていました。中高一貫校受験も希望校に難なく合格。その時点で、アイコさんの目標は「器械体操でオリンピックを目指しながら国立大学医学部合格」と、さらに具体的になりました。父親が医師でした。

家族がバラバラに…

ところが、神童のパワーは子ども時代限定になりがちです。高等部に進み学力別になるクラス分けで、下のほうのクラスに入れられました。そのころから体操も振るわなくなりました。目に見える結果にしか注目しないアイコさんと娘の関係性は、当然ながら険悪になります。

その結果、娘は体操もやめ過食と非行に走り、不登校に。家出も繰り返すようになりました。自分では手が付けられないと感じたアイコさんによって、遠方に住むアイコさんの母、つまり祖母宅に預けられました。

高校に通えなくなった娘は通信制に転校しました。その後は母と祖母の選んだPT(理学療法士)養成学科に入学するも半年で退学。男性と同居しているらしいが、住所は決して教えてくれないとのことです。

No image

結果しか見てくれなかった母の前で、お嬢さんは何を思っただろう… Photo by iStock

現在はアイコさんの家族はバラバラになりました。アイコさんと父親は家を出てしまっていて自宅は廃墟同然です。子どもが成人してから子育てのまずさが表面化し、家族全体の問題になってしまう典型的なケースでした。

アイコさんは、実は大学受験で医学部を目指していました。でも、夢は叶いませんでした。このときの挫折感がトラウマになっていたようです。有名女子大のほかの学部に入り、卒業して間もなく医師の夫と結婚しました。

医師の家庭では、その子どもはすべからく医師になるべしと思われている節があります。医師の夫と結婚したアイコさんは、わが子を医師にすることでトラウマを解消しようとしたのかもしれません。まさしくリベンジ型の子育てでした。

「リベンジ型」はすぐに燃え尽きる

もう一組の母子は弁護士を目指していました。父母ともに東大法学部卒で父は現役の弁護士です。息子は小学生の頃から夜中まで自主的に勉強。高校時は留学し英語力も伸ばしました。本来なら留学すると1学年遅れるのですが、猛勉強して単位を取得し留年せずに卒業しました。

東大法学部を目指したけれど、試験の点数が少しだけ足らず他大学へ行きましたが、在学中の司法試験合格を目指して予備校でまたも猛勉強を始めました。

その矢先、息子さんは周囲との一切の連絡を絶ちました。3年生の夏でした。卒業して就職はしましたが、一般企業です。弁護士にはなりませんでした。猛勉強を繰り返した果てに燃え尽きたのです。

母親は司法試験をあきらめた息子を受け入れられなかったのでしょう。家から追い出したようでした。小さいころは息子を溺愛していました。高校まで朝晩母親に送り迎えをしてもらって、息子も友人と遊ぶことがありませんでした。まさに共依存の関係性です。

No image

母と息子がべったりだった(写真の人物は本文と関係ありません)Photo by iStock

ところが、子どものほうが「自分は親の身代わりにされている」と親のリベンジ教育に気づくと、それまで「ママのおかげ」と感謝の念しかなかったのに、突如として落胆や憎悪といった負の感情に包まれたようでした。

結果が出ない子どもを見捨てた親たち

親のほうも変貌します。結果が出ない子どもをアッサリ見捨てました。見捨てるなんて冷たい言い方かもしれませんが、リベンジ型の親は子どもに対し条件付きの愛情を注ぎがちです。子どもは自分の所有物。物(モノ)だから「いらない」と判断したら捨てていい。そんなふうに感じているかのようでした。

No image

可愛がっているようで「自分の所有物」としていないか Photo by iStock

その姿は、子を見捨てることで自分を保とうとしているようにも映ります。間違った子育てをしてしまったことを認められません。自分の失敗と向き合うのが苦しいから、必死で自分の「善」を護ろうとする。これも高学歴親にありがちなトラウマと言えるでしょう。

もちろん全員がそうではありません。うまく折り合いをつけている家庭もあるでしょう。一時期ぎくしゃくしても、努力して親子関係を再構築する人たちもいます。ただ、私が見てきた限りでは、リベンジ型の親たちは、抑圧した子どもから後になって手痛いブーメランを受けます。

「受験したいわけじゃなかった」と後々言われたり、親が何らかのスポーツや習い事を押し付けた場合は「本当は楽しくなかった」とトラウマを抱えた子どもの涙を見ることになるのです。

No image

「子どもが望んでやってるから」は「親に喜んでほしい、愛されたいと望んでやっている」ではないか。子どもの人生は子ども自身のものであることを忘れてはならない Photo by iStock

◇「なにかの結果を出したから認める」関係は当然自己肯定感を生み出さない。そして「リベンジ子育て」に捉われている親こそが、「リベンジ」に夢中になるということを考えても自分の今を認めていないということになるのではないだろうか。このように「結果」に捉われるような高学歴親子はレジリエンスが低くなりがちだという。それはなぜか。後編「高学歴親子は「困難を乗り越える力」が低い?「お金をどんどん渡す親」の悪影響」では「金銭感覚」というキーワードを用いた分析を紹介する。

No image

高学歴親という病
高学歴な親はなぜ子育てに失敗するのか? 高学歴家庭に「引きこもり」が多いのはなぜなのか?山中伸弥氏との共著『山中教授、同級生の小児脳科学者と子育てを語る』がベストセラーになった子育ての第一人者・成田奈緒子医師が具体的事例から「傾向と対策」を見つけ、高学歴親のための「育児メソッド」を提供する。

後編「高学歴親子は「困難を乗り越える力」が低い?「お金をどんどん渡す親」の悪影響」はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加